ホーム | イベント情報 | 新進気鋭の弦楽四重奏=文協ドミンゴコンサート

新進気鋭の弦楽四重奏=文協ドミンゴコンサート

本田さんと山川さん

本田さんと山川さん

 文協音楽委員会(本田ジュリア委員長)が『第74回文協ドミンゴコンサート』を、20日午前11時から(時間厳守)文協小講堂(R. Sao Joaquim, 381)で開く。入場無料だが、1キロの保存の効く食料品の持参が必要。
 今回はカルテット(弦楽四重奏)グループ「OLAVO BILAC」が出演。モーツァルトやドボルザークなどのクラシックを鑑賞できる。
 メンバーはサンパウロ市市立劇場のシンフォニーオーケストラで活躍しており、バイオリンのウェリントン・レボサスさん、ヴィットル・ビガイさん、ビオラのチアゴ・ビエラさん、チェロのモイゼス・フェレイラさんという顔ぶれ。
 案内のため来社した本田委員長と山川純子副委員長は「一般の若い方にもクラッシックの素晴らしさを知ってもらいたい。お気軽にお越し下さい」と参加を呼びかけた。
 問い合わせは文協(11・3208・1755)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ