ホーム | イベント情報 | ACAL=リベルダーデ東洋祭、今週末=目玉は徳島阿波踊り

ACAL=リベルダーデ東洋祭、今週末=目玉は徳島阿波踊り

(左から)市田さん、秋村委員長、近幸さん

(左から)市田さん、秋村委員長、近幸さん

 リベルダーデ商工会議所(ACAL、池崎博文会長)は、『第49回東洋祭り』を12月2、3の両日午前10時半からリベルダーデ広場で開催する。入場無料、それぞれ午後7時、6時まで。
 毎年7万人以上が来場する年末の風物詩。同広場からガルボン・ブエノ街まで、およそ40店以上の屋台が軒を連ねる。開会式は、2日午後2時から鳥居の下で行われ、特設会場へ移動する。
 特設舞台では、2日間で50以上の演目が披露される。特に注目すべきは、ヘプレーザ文化体育協会の阿波踊りグループ。今年は、三味線グループと合同公演するといい、広場を舞台と見立て、観客と一体となって祭を盛り上げる。
 案内のため来社した秋村寿治(ひさじ)実行委員長、市田イツ子さん、近幸(ちかざわ)マリナさんは「来年の干支である戌のお守りも販売します。今年一年の感謝と翌年への願いを込めて、楽しい一日を過ごしましょう」と呼びかけた。
 問合せは、ACAL(11・3208・5090、3399・3000)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 東洋祭りで今年から新たな試みとして始められるのが、翌年の願い事を紙にしたためる『光』だ。七夕祭りでの短冊の人気を受けて、その「年末版」として考案されたもの。市田さんによれば「伯人には縁起のよいものが好まれる」といい、当日はクリスマス・ツリーを特設して、願いことを書いた紙をそこに括りつけるのだとか。しかも一枚2レアルで販売。日本なら「絵馬」を神社に奉納するだろうが、ブラジルではクリスマス・ツリーに託す? キリスト教の東洋風慣わしと勘違いされて大繁盛するかも。金が絡む話だけに、教会筋から苦情が来なければ良いが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布2018年12月22日 年末恒例、餅つき祭り=紅白餅2万袋を無料配布  「紅白餅をもらうために、朝6時から並んで待っている人がいる。本当にありがたいことですよ」――『第48回餅つき祭り』を主催するリベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長は目を細める。文協、県連、援協、アリアンサとの共催。  紅白餅の入った2万袋は午前8時から、 […]
  • 有名歌手も多数参加=ACAL七夕祭、16、17日に2016年7月12日 有名歌手も多数参加=ACAL七夕祭、16、17日に  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が16、17の両日午前10時半から、聖市リベルダーデ広場を中心に、『第38回七夕祭り』を開催する。毎年1万5千人以上が集まるという、大規模な冬の風物詩だ。 食や雑貨など、約38の屋台が広場から大阪橋にかけて軒を連ね、舞台では太 […]
  • 第50回東洋祭り、今週末に=門松の110個限定販売も2018年11月28日 第50回東洋祭り、今週末に=門松の110個限定販売も  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する「第50回東洋祭り」(秋村寿治(ひさじ)実行委員長)が次の週末1、2日にリベルダーデ日本広場で開催される。日本舞踊や盆踊り、和太鼓などが盛りだくさんの二日間となる。  なお、当日は日本移民110周年を記念し […]
  • ACAL舞踊部40周年=舞の会20日に東洋会館2016年3月18日 ACAL舞踊部40周年=舞の会20日に東洋会館  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)の舞踊部創立40周年を記念した「舞の会」が20日午後1時から聖市リベルダーデ区の東洋会館(リベルダーデ大通り365番)で開催されるにあたり、来社した指導者の池芝緑苑さんらは「ぜひ皆さん見にいらしてください」と呼びかけた。 従来 […]
  • やきそば食べて熊本支援=26日、ニッケイパラセで2016年6月21日 やきそば食べて熊本支援=26日、ニッケイパラセで  4月に発生した一連の熊本地震の被災地支援を目的として、聖市のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]