ホーム | 日系社会ニュース | 第一アリアンサ=長野村、盆踊りに1千人=若者たちも夢中でダンス
やぐらを囲んで踊る参加者ら(矢崎さん提供)
やぐらを囲んで踊る参加者ら(矢崎さん提供)

第一アリアンサ=長野村、盆踊りに1千人=若者たちも夢中でダンス

 サンパウロ州ミランドーポリス市の第一アリアンサ(通称長野村)で5日夜、入植91年祭をかねて盆踊りが行なわれた。好天にも恵まれ約1千人が来場、入植90周年を祝った昨年以上の賑わいを見せた。第一アリアンサ文化体育協会(望月友三会長)主催。
 弓場バンドが演奏する「花笠音頭」「ソーラン節」「オクラホマミキサー」などの民謡9曲に合わせ、来場者は飛んだりはねたり、様々なアレンジを加えたりしながら盆踊りを楽しんだ。午後7時半から9時までの1部が終わっても踊り足りない若者は、2部開始前の休憩時間もポップ音楽の放送に合わせて体を動かしていた。
 アリアンサ文協婦人部のうどんや弓場農場のたこ焼き、焼きおにぎりやカキ氷などの出店にも人だかりができた。たこ焼き、焼きそばは1部が終わる頃に完売する売れ行きで、弓場農場の矢崎正勝さんは「この界隈では食べられないものが色々あるので、住民に喜ばれる。若いブラジル人も上手に箸を使って食べていた」と盛況を喜んだ。
 7日の祝日は家族慰安運動会が開かれ、第一アリアンサから老若男女が集ってさらに交流を深めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 弓場農場=クリスマスの集いに300人=雨乗り越え笑い声響く2016年1月6日 弓場農場=クリスマスの集いに300人=雨乗り越え笑い声響く  サンパウロ州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会、望月友三代表)が12月25、30日に、恒例の「クリスマスの集い」を開催した。25日には生憎の雨にも関わらず、地元を始めサンパウロ市からのファンら約300人が集まり、作業の合間を縫って熱心に稽古に励む〃農民の芸術 […]
  • ダンサーマサシ=リオの後は上塚周平墓参り=日系社会の貴重さ語る=熊本からVイザベル出場2016年2月19日 ダンサーマサシ=リオの後は上塚周平墓参り=日系社会の貴重さ語る=熊本からVイザベル出場  「日本は今、壊れかかっています」――真剣な表情でそう語るのは、熊本で活躍中のダンサー・マサシさん(本名・伊藤雅史)。サンバダンサー歴15年。03年にリオのカーニバルに初参加し、以降来伯を繰り返す。今年もリオで出場、強豪チーム「ビラ・イザベル」でパシスタとして踊った。ダンスだけ […]
  • ■訃報■JICA日語教師OB会長 弓場パウロさん2015年7月7日 ■訃報■JICA日語教師OB会長 弓場パウロさん  サンパウロ州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会)の弓場勇作パウロさんが4日早朝4時ごろ、ミランドーポリス病院で亡くなった。享年63。3年ほど前に事故で肺を痛め、今年に入り体調を悪くしていた。 1951年に同農場で生まれ、同地で大工などに従事した後、92年 […]
  • 母県との絆育み55年=兵庫県人会が節目祝う=井戸知事ら80人超来伯=パラナ州提携45周年も2015年8月27日 母県との絆育み55年=兵庫県人会が節目祝う=井戸知事ら80人超来伯=パラナ州提携45周年も  兵庫県―パラナ州が姉妹提携45周年を迎えた今年、ブラジル兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)も創立55周年を迎え、23日に北海道協会で記念式典を開いた。初の二世会長による新体制で最初の創立記念イベント。20年間会長を務め、今年3月に勇退した尾西貞夫さんも実行委員長として運営を支えた […]
  • 尾西会長(左)と幸江さん2014年12月20日 兵庫県費研修=神戸でエステ技術学ぶ=弓場農場出身の幸江さん  8月23日から11月29日までの約3カ月間、兵庫県費研修で訪日した弓場幸江さん(26、三世)が帰国報告のため、9日に兵庫県人会の尾西貞夫会長とともに来社した。 神戸理容美容専門学校でエステティックの技術を学んだ。以前から美容業界に興味を持ち、「ブラジルよりエステがはるかに […]