ホーム | 日系社会ニュース | PIL2事業や投資を解説=商議所インフラサミット

PIL2事業や投資を解説=商議所インフラサミット

質疑に応じるフェリペ氏(左から3人目)ら

質疑に応じるフェリペ氏(左から3人目)ら

 伯日商工会議所の政策対話委員会(松永愛一郎委員長)とインフラワーキンググループ(那須隆一グループ長)が主催し、サンパウロ市内で先月28日午後、『インフラサミット2015―新ロジスティクスプログラムの展開―』が行なわれた。
 空港、港湾、鉄道、道路の4分野に1984億レアルを投資するインフラ整備計画「PIL2」をテーマに、第1部では招かれた所管省庁の担当者ら4人が講演した。
 予算企画省から経済活性化計画(PAC)担当理事のフェリペ・ボリン・ヴィレン氏が登壇。穀物輸送と観光の観点からインフラ需要が高まっており、2000年以降の利用頻度は毎年5~7パーセント上昇と紹介した。
 陸海空全面で整備が必要とされ、「過去5年に高速道路、空港、港湾3分野で約750億レ投資している。現在は鉄道加えた4分野で計70を越える事業が進められており、PIL2における予算1984億レの内、18年までに692億を投資する予定」と話した。
 続いて各担当者が空港の民営化事業、312億レを投資し来年4371キロを建設する高速道路などの計画を説明した。鉄道分野では、400億レかけるトランスオセアニカ線(南米大陸横断鉄道)事業の進捗状況を報告。「ルーカス・ド・リオ・べルデ(麻州)―カンピノルテ(ゴイアス州)間は入札済みで事業進行中。その他の区間はこれから入札、業者選定を行なっていく」とした。
 社会経済開発銀行(BNDES)関係者も投資までの概略を解説。第2部パネルディスカッションでは、投資業者の選定基準や外資企業の成功例などの質問が寄せられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 衛生管理強化する飲食店=風評惑わされず利用して2020年3月21日 衛生管理強化する飲食店=風評惑わされず利用して  新型コロナウイルス感染拡大の影響から軒並み売り上げが落ち込んでいる外食業界。飲食各店は衛生管理を強化し、感染予防を徹底。「風評に惑わされず利用して欲しい」と呼びかけている。  ラーメン和・パウリスタ店では、平時から衛生専門家を招いて定期指導を受けており、コロナ騒動に […]