ホーム | 日系社会ニュース | ■記者の眼■参院選=ギリギリすぎて間に合わない?!=投票通知到着が最終日の前日

■記者の眼■参院選=ギリギリすぎて間に合わない?!=投票通知到着が最終日の前日

 日本の「第25回参議院議員通常選挙」の在外公館投票について、サンパウロ市在住の本紙読者から「投票の通知書類が12日になって家に届いた。在外投票期間が13日までだから、間に合わない人もいたのでは。もっと早く郵送できなかったのか」と問い合わせがあった。
 今回の参院選は4日に日本で公示され、在サンパウロ日本国総領事館の投票期間は5~13日。12日に通知が届いたのでは、書類などの準備が間に合わず、都合がつかなかった人がいたかもしれない。
 総領事館に確認したところ、「2日か3日の時点で、通知書類は印刷所から郵便局に届けたと聞いている」とのこと。また「今回の参院選は、日程の正式決定から公示までが非常に短く、対応がいつもより後手になった面がある。非常に申し訳ない」とした。
 確認したところ、前回16年の参院選では正式決定から公示まで20日間あったが、今回は8日間しかなかった。
 本紙読者によると郵便局の消印は5日午後で、郵便局内の業務の遅れもあったと考えられる。
 総領事館からはメールやホームページでも事前に在外公館投票の通知を行っているが、年配者など、書類の通知のみで情報を受け取る人もいる。
 全世界の在外選挙人名簿登録者数は約10万人で、有権者全体から見ればごく小さな割合かもしれない。だが政府には海外有権者の意見もしっかり汲み取ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 尋ね人=谷川淳三さん2020年7月11日 尋ね人=谷川淳三さん  熊本県在住の谷川テニさんが、10年間音信不通の弟、谷川淳三(あつみ)さんを探している。  淳三さんは、熊本県人吉市出身で、1960年2月に「ぶらじる丸」でコチアへ移住した。  消息情報に心当たりのある人は、ブラジル日本語センター理事長の日下野良武さんまで連絡(電話=11・ […]
  • 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長2020年7月4日 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長  ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)はサンパウロ州・市当局によるクアレンテナ(検疫)延長の指示に従い、文協事務局、日本館、日本移民史料館、国士舘スポーツセンターの施設休館を、7月14日まで延長することを発表した。  なお図書館のみ8日(水)から一部サービス限定で […]
  • 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集2020年7月10日 岐阜県人会絵画展オンラインで=月末まで日本からも作品募集  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)は在サンパウロ日本国総領事館と共催で開催する「第16回日伯友情交流絵画展」(橋本マルコス亮委員長)への出品作品をブラジル国内のみならず日本からも募集している。  今回初めての試みとして出展作品をオンラインで11月3日(火)19時から1年間展 […]
  • アジア系住人狙う強盗傷害犯=サンパウロ市東部でグループ逮捕2020年6月30日 アジア系住人狙う強盗傷害犯=サンパウロ市東部でグループ逮捕  サンパウロ市東部ヴィラ・カロン区のノーヴァ・ジェルサレム街で26日未明、強盗傷害事件が発生し、アジア系住人宅の窃盗を専門とする犯行グループが逮捕された。アジェンシア・レコルデ(R7)26日付が報じた。  異変に気付いた近所の住人が同日午前0時頃に軍警に通報したところ、現場で […]
  • ■ひとマチ点描■ 移民の日法要に画面で参加2020年7月2日 ■ひとマチ点描■ 移民の日法要に画面で参加  6月18日にブラジル日本文化福祉協会とブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジル仏教連合会が主催し、日本移民112年を記念した先没者法要がオンラインで開催された。その際、伊藤紀美子山口県人会長は要田武前会長と共に県人会館で法要動画をモニターに映して法要に参加した。  電話取材 […]