ホーム | 日系社会ニュース | ■記者の眼■参院選=ギリギリすぎて間に合わない?!=投票通知到着が最終日の前日

■記者の眼■参院選=ギリギリすぎて間に合わない?!=投票通知到着が最終日の前日

 日本の「第25回参議院議員通常選挙」の在外公館投票について、聖市在住の本紙読者から「投票の通知書類が12日になって家に届いた。在外投票期間が13日までだから、間に合わない人もいたのでは。もっと早く郵送できなかったのか」と問い合わせがあった。
 今回の参院選は4日に日本で公示され、在サンパウロ日本国総領事館の投票期間は5~13日。12日に通知が届いたのでは、書類などの準備が間に合わず、都合がつかなかった人がいたかもしれない。
 総領事館に確認したところ、「2日か3日の時点で、通知書類は印刷所から郵便局に届けたと聞いている」とのこと。また「今回の参院選は、日程の正式決定から公示までが非常に短く、対応がいつもより後手になった面がある。非常に申し訳ない」とした。
 確認したところ、前回16年の参院選では正式決定から公示まで20日間あったが、今回は8日間しかなかった。
 本紙読者によると郵便局の消印は5日午後で、郵便局内の業務の遅れもあったと考えられる。
 総領事館からはメールやホームページでも事前に在外公館投票の通知を行っているが、年配者など、書類の通知のみで情報を受け取る人もいる。
 全世界の在外選挙人名簿登録者数は約10万人で、有権者全体から見ればごく小さな割合かもしれない。だが政府には海外有権者の意見もしっかり汲み取ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 漁業従事者の生活向上支援=米州開発銀行が実現可能性調査2019年8月13日 漁業従事者の生活向上支援=米州開発銀行が実現可能性調査  米州開発銀行(IDB、本部=米国ワシントンDC)グループの「IDB LAB」に所属する奥村真人氏ら一行が、新しいプロジェクトの調査のために先月14~20日まで来伯した。オイスカ・ブラジル総局(高木ラウル会長)も支援する同プロジェクトについて、奥村氏に話を聞いた。  「IDB […]
  • ■訃報■佐々木陽明さん2019年7月19日 ■訃報■佐々木陽明さん  南米浄土宗日伯寺の前開教総監である佐々木陽明(ささきようめい)さんが、18日午前0時40分に南米浄土宗別院日伯寺で亡くなった。死因は老衰。享年83。  鳥取県出身。1957年に、南米浄土宗日伯寺を開教した長谷川良信(りょうしん)師と共に青年開教使として随行、21歳で渡伯した […]
  • 西川聖州議=秘書給与横流し疑惑で捜査=「まったく根拠ない疑惑」2019年8月7日 西川聖州議=秘書給与横流し疑惑で捜査=「まったく根拠ない疑惑」  エスタード紙6日付けによれば、聖州検察局は西川パウロ聖州議(PSL、1期目)に対し、議員秘書の給与横流しに関する疑いがあると捜査を始めたと報じた。  州議の「公設秘書」は、州議会の職員であり、州が税金からその給与を支払っている。その給与の一部を、州議に還流させたのではという […]
  • 日系人一家がガス中毒死=ディズニー旅行帰り後の悲劇2019年7月16日 日系人一家がガス中毒死=ディズニー旅行帰り後の悲劇  15日付エスタード紙によれば14日(日)午後6時にサントアンドレ市のアパートで、日系人の家族4人の死体が発見された。死因は、ガス湯沸かし機から排気した一酸化炭素による中毒死。同じアパートに住んでいた犠牲者の姉妹が発見者となった。警察によれば、現場の一酸化炭素測定値は正常値の2 […]
  • ■尋ね人■田中実記さん2019年7月17日 ■尋ね人■田中実記さん  三重県松阪市在住の大西教生(のりお、旧姓田中)さんが、弟の田中実記(まさふみ)さんに関する情報提供を呼びかけている。  実記さんは1960年頃に、「ブラジル丸」か「アフリカ丸」で渡伯。移住直後は農場に勤め、水産関連の卸業にも携わり、92年頃にデカセギでいったん日本に帰ったが […]