ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 戦後70年と言うけれど=イタペチニンガ 佐瀬妙子

戦後70年と言うけれど=イタペチニンガ 佐瀬妙子

 1945年7月も終わりに近い朝、私は母と裏庭にコンロを出して非常食用の大豆か米を炒っていた。その時、裏の木戸が開いて誰かが入って来た。振り返ると兄だった。兄は中学4年の時、海軍甲種予科練習生として入隊。筆まめな人で、各地に転勤になるたび葉書をくれた。
 つい1週間前、中国の青島航空隊から元気な便りが届いたばかりの兄が突然現われ、どうした事かと聞けば「横須賀に行くことになった」と一言。
 何はともあれ久し振りに家族揃って食卓を囲む事が出来た。すでにその頃は配給制度であり、乏しい食材の中から母は食卓を整えてくれた。
 翌朝、兄は言葉少なく玄関先に立ち、ニッコリと挙手の礼をして家を出ていった。軍隊での厳しい訓練に鍛えられ、すっかり人相まで変わっていた。
 兄が去った後、以前兄が使っていた本箱を開けたところ、棚の上に一通の封書を見つけた。母を囲んで封書を開けて見ると、中に毛髪と爪と一緒に遺書が入っていた。兄が突然帰って来た理由が分かった―。
 その手紙には『自分は此度特攻隊員として出撃する事になった』、そして両親や弟妹たちへの感謝の言葉が書かれていた。兄は一言も言わず顔にも出さなかったが、最後の別れに立ち寄ったのだ。
「兄ちゃんは黙って行ってしまった」
静かな時間が流れた。
 運命は分からない。兄が遺書を残して別れてから2週間余りして敗戦。神風は吹かなかった。後数日戦争が続いていたら、多分海の藻屑となっていたに違いない。
 私は戦後、戦没学徒の手記『きけわだつみの声』を読み、学業半ばにして特攻隊として出撃した若者たちの純粋な心の叫びに胸を打たれた。
 今年は戦後70年という。テレビでは連日のように、70年前の日本の姿を放送している。私も少女時代、戦争の渦の中に巻き込まれ唯ひたすら勤労奉仕に汗を流していた。学校の校庭は芋畑に変わり果て、教室での授業も満足に出来なかった。
 私は昭和25年、知人の紹介で東京へ出た。その頃ちょうど朝鮮戦争が勃発しており、銀座辺りにはアメリカ兵が溢れていた。上野公園の西郷さんの銅像下の石段には、戦災孤児たちがたむろしていた時代―あの光景が目に浮かんでくる。
 電車に乗れば、白衣の傷痍軍人が乗客から報謝を受けていた。ついこの間まで帝国軍人としての誇りを持ち、国のために戦っていた軍人がこの様な有様であった。
 特攻隊生き残りの兄も米寿を迎え、訪日の際には一緒に食事をしながら昔話に時間を忘れて語り合った。
 近頃物忘れが多くなったが、不思議と70年前の日常生活振りなどの記憶は鮮明に浮かんで、『命あっての物種』でこの世に忘れ物がないようにと子供や孫たちに語り続けたいと思っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]