ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 9月30日、イボッピによる最新の世論調査の結果が発表され、国民の69%がジウマ政権に対し「悪い」との評価を行い、「よい」はわずか10%しかいなかった。ジウマ政権は6月に行われた調査では民政復帰後の大統領としての最低支持率記録を更新しており、今回はそれよりは若干良くなったものの、もはや「同情票」にさえ見えなくもない。それは、以前ならこうした支持率関連のニュースは、新聞のトップ記事扱いだったが、今回はラヴァ・ジャットやルーラ政権や現政権の疑惑に関する記事に押し出され、扱いも小さなものになっていた。これでは支持率回復は夢のまた夢か。
     ◎
 連邦会計検査院(TCU)は9月30日、サンパウロ市モノレール線17号線に関し、工事担当の企業の入札が、機軸となるプロジェクトも予算もないままに行われた疑いがあるとの見解を発表した。TCUによると、同線の入札は特殊なやり方で行われ、最終的なプロジェクトが決められたのは、入札企業が決定した後だったという。法律上、入札は基本プロジェクトと予算が決まってから行われなければならない。この件で、ただでさえ遅れている完成予定がさらに伸びなければ良いが。
     ◎
 9月29日にサンパウロ市東部シダーデ・リデールで埋められた状態で発見された4人の遺体について、市警は、これらの人々が州都第一コマンド(PCC)の行った内部裁判で粛清と決まった人物と同一ではないかとして調査中だ。市警によると、死体には残虐な暴行を受けた形跡があり、死体が埋められたのはひと月以上前だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下2017年5月24日 サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下  サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関し […]
  • 東西南北2017年7月14日 東西南北  12日のブラジルは、モロ判事の判決が出た直後から、ルーラ元大統領の話題一色となった。南米だと、アルゼンチンではビデラ氏、ペルーではフジモリ氏の前例があるが、ブラジルで元大統領が有罪判決を受けたのはこれが初めてだ。1930年にはワシントン・ルイス氏がジェツリオ・ヴァルガス氏によ […]
  • 東西南北2017年4月13日 東西南北  11日、本頁でも報じているように、ラヴァ・ジャット作戦で空前絶後とも言うべき数の政治家の捜査許可が報道されたことで、ブラジルのメディアはそれ一色となり、様々な政治家とオデブレヒト社との間で繰り広げられた数々の疑惑のニュースに国民が衝撃を受けた。最高裁だけで98人、高等裁や地裁 […]
  • 東西南北2017年5月11日 東西南北  10日付本欄で、サンパウロ市のドリア市長が、市内の幹線道路マルジナル・ピニェイロス、マルジナル・チエテ民営化の意志を表明したことを報じたが、同日付の現地紙では全く逆の「ドリア市長、両幹線道路の民営化を断念」との記事が載ってしまった。どうやら「通行料を徴収する気はないが、いかな […]