ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝を捧げることを願っていたが、叶わなかった。サントスは、ネイマールが在籍した2011年以来、9大会ぶりの決勝進出となる。優勝すれば、やはり9大会ぶりとなる。決勝の相手はパルメイラスなので、サンパウロ州のサッカー・ファンは盛り上がること必至だろう。決勝戦の会場はリオ市のマラカナン・スタジアムで、1月30日の1試合のみの決戦となる。
     ◎
 10日にサントス海岸部で起きた交通事故が話題を呼んでいる。それは、走行中の車が路肩にあったプラスチック製のがれき入れ(カサンバ)に接触してコントロールを失い、道路の反対側にあるコンクリート製の側壁に座って休んでいた72歳の女性と20歳と12歳の孫、2歳のひ孫に向かって暴走。車に直撃された女性とひ孫は車とともに、道路脇を流れている用水路に落ちた。この模様を映した防犯カメラの映像はテレビなどで公開され、強い波紋を投げかけている。4人の内、20歳の孫はその日のうちに退院したが、残り3人はまだ入院中。無事を祈りたいところだ。
     ◎
 大サンパウロ市圏では13日もまとまった雨が降った。カンタレイラ水系ではこの日に21・5ミリの雨を記録。今月の降水量は100ミリを超え、水位も39・5%まで回復した。予報だと、向こう1週間は毎日、降水確率が70%以上の日が続くとか。水不足は避けられそうだが、洪水や倒木の被害が最小限にとどまることを願いたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由2017年6月24日 サッカー王国復活への道=新世代で18年W杯優勝へ=現セレソンが無敵な真の理由  あの悪夢の「ドイツ戦1―7敗戦」も今は昔――。セレソンは雪辱を期す2018年W杯ロシア大会のための南米予選を、世界の他の国に大幅に先駆けて制覇して、3月の時点で本大会出場を確定した。昨年9月就任のチッチ新監督は就任以来、南米予選を全勝で飾ったことで「チッチ効果」とも呼 […]
  • ブラジレイロン=今期の4強は絞られた?=現地解説者が戦力分析2016年9月20日 ブラジレイロン=今期の4強は絞られた?=現地解説者が戦力分析  「ブラジレイロン」の愛称で知られるブラジルのサッカーの全国選手権は、9月3週目の週末で第26節が終了した。全部で38節なので、ほぼ3分の2を消化したことになるが、現時点で既に、南米一を争うリベルタドーレス杯への進出4チームはほぼ固まりつつある、との見方がある。  グロー […]
  • きょうからサンパウロ州選手権=話題満載の今年のサンパウロ州4強2013年1月19日 きょうからサンパウロ州選手権=話題満載の今年のサンパウロ州4強 ニッケイ新聞 2013年1月19日付け  19日からサッカーのサンパウロ州選手権がスタートするが、今年は代表(セレソン)クラスの有力選手が多く加わり、例年以上の話題を集めそうだ。 […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]