ホーム | 日系社会ニュース | 国外犯処罰=フジモト被告に時効認めず=三審で一転、禁固刑を支持=特別上訴の連邦高等裁で=連邦検察庁まで意見書

国外犯処罰=フジモト被告に時効認めず=三審で一転、禁固刑を支持=特別上訴の連邦高等裁で=連邦検察庁まで意見書

 2005年10月、静岡県湖西市で女児が死亡した自動車事故で、事故後に帰伯し過失致死罪に問われた日系人パトリシア・フジモト被告に対し、連邦司法高等裁判所(STJ)は17日付で、禁固2年2月とした一審判決を支持する判決を下し、9月29日に公表した。昨年4月の時効判決から約1年半後、フジモト被告に再び「ブラジル司法による制裁」が科された。

 二審の時効判決に対しては、サンパウロ州検察庁が「特別上訴」をしていた。今回の判決文によれば、州検察はこの特別上訴の根拠として、刑法が定める量刑の条項に反しているとし、「(二審での判決では)犯行がどのようにして行われたかが検証されていない」とした。
 「罰則の適用には、犯罪の状況・事情、犯人の人格、有責性を考慮されるべきだが、特に今回の場合は、他国でのより重い制裁、自らが与えた損害を償う行為から逃れ、日本から逃げ帰ってきたこと、被害者遺族の心情を慮ることない完全な非情さで、自らの行為が招いた深甚な影響をできる限り軽減する試みをしなかった」。この特別上訴を、STJは受理した。
 判決文で、STJの報告担当判事はこの検察の訴えを認めた上で、「信号無視し、結果的に子供を即死させた。これは被告の極めて不注意な行動によるもので、信号無視はブラジルの法律では著しく重大な過失とみなされる」などとして断罪、「一審の判事は、(被告が)事故の捜査が終わる前に帰国し、日本の当局に何の連絡もしなかったという事実と、どのようにして犯行が行われたかを考慮した。その結果、2カ月を刑罰の期間に加えた。二審判決は、これらの事情が一切考慮されないものだったが、厳罰化する理由として十分である」と判断した。


【解説】事件から丸10年の節目=異例の上訴、意見書まで

 事故発生からまもなく丸10年が経とうとしている。2005年10月17日午前、同市の交差点で、山岡理恵さんが運転する乗用車の左側にフジモト被告の車が衝突し、当時2歳だった山岡理子ちゃんが死亡した。
 日本政府からの国外犯処罰申請により、同被告は当地で起訴され、裁判所での審理が始まった。2013年8月、一審では禁錮2年2月(実際には1年間の社会奉仕活動等で代替)の有罪判決が言い渡された。
 これを不服とした両者は控訴した。サンパウロ州裁判所は、最高刑を求めた検察の控訴は根拠がないとして却下した一方で、弁護側の控訴を部分的に認めた。禁固2年に減刑した上で、事故発生から起訴受理までに約5年が経過していたことから、時効が成立していると判断した。当地の刑法では、禁錮の刑期が2年を超えていれば時効は8年経った時点で成立するが、禁錮1年から2年までの場合は、4年で成立する。
 同判決後、同年7月に判決内容の明確化を求める申立てがなされたが、却下され、8月に判決は確定した。その判決を不服として、州検察庁長官の名前で「特別上訴」がなされたのは、その一カ月後のこと。判決文によれば、連邦検察庁までも、その特別上訴が根拠あるものだとする「意見書」を出している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]