ホーム | コラム | 樹海 | 浪花節を知るいい機会に

浪花節を知るいい機会に

 コロニアで隆盛を誇る芸能はなんといってもカラオケだろう。日本語が話せなくとも、こぶしを聞かせた女の子の堂々とした演歌に驚く。見た目以外はブラジル人だと思っていたら、車で聞く音楽は歌謡曲だったりする。家庭の環境など様々な理由があるのだろうが、やはりDNA感覚で、日本語のリズム感に心地よさを感じるのかもしれない。一方、その源流で古来からの七五調の流れを汲みながら衰退の一途を辿ったのが浪曲だろう▼戦前から、移住地では地元浪曲師が活躍し、大会が多く開かれた。戦後は日本から名人が多く訪れ、ファンを喜ばせたようだ。あちこちで協会が生まれ、1983年には浪曲連盟も結成されたほど。現在も細々と会は開かれているようだが、「見る人も演者もいなくなって寂しいばかり」と関係者の嘆きも聞く▼今日10日、ニッケイ新聞は、『春野恵子 浪曲ツアーinブラジル』を午後2時から、広島文化センター(Rua Tamandare, 800, Liberdade)で行う。ポ語字幕付きで、入場は無料だ。日本人学校でも公演を行い、好評を博した(今日付け7面)。ワークショップで「待ってました!」の掛け声のタイミングや発声方法、歌う部分を「節」といい、語り部分を「啖呵」ということも始めて知った。日本語を知る意味でも面白いし、何らかの芸能に携わっている人は興味深いと思う▼往時を懐かしみ、また演歌の原型を知る意味でも広い世代に聞いてほしい。日本から浪曲師がブラジルに来ることは最後かも知れない。お子さん、お孫さんと共に足を運び、コロニアにあった「浪花節」の世界に触れてほしい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う2019年11月28日 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う  フランシスコ法王が23日から日本を訪れ、被爆地の長崎と広島などを訪れた。ローマ教皇の日本訪問は38年ぶりで、カトリック信者か否かに関わらず、大勢の人が法王の言葉に耳を傾けた▼法王が訴えた事の一つは核兵器廃絶だ。平和と安定への望みは人の心にある最も深い望みの一つである事や、核兵 […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]
  • 知られてしまった、ふたつの「からくり」2019年11月22日 知られてしまった、ふたつの「からくり」  「勢いがなくなってきているな」。ボウソナロ大統領、ならびにセルジオ・モロ法相に関してそう感じさせる事態が、ここ2週続けて起こっている。それは、11月9日と17日に行なわれた、最高裁に対しての抗議デモ。ルーラ元大統領の釈放につながった、最高裁での「2審有罪後に刑執行か否 […]
  • 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?2019年11月19日 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか? ブラジル共和制宣言130周年  この11月15日はブラジル共和制宣言130周年だった。「共和制」とは、君主を持たない政体のことだ。1889年、軍がクーデターを起こして皇帝ペドロ2世を廃位して追い出し、首都リオの議会において共和制が承認・宣言された日だ。  ブラジ […]