ホーム | 文芸 | 連載小説 | アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里 | アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)

アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)

ラーモス移住地の娘さんたち

ラーモス移住地の娘さんたち

 林田は何か猪瀬に耳打ちをしていた。猪瀬の目が眼鏡ごしにきらり光った。職業柄、この連中は鹿を追う漁師に似ている。「見せてくれ」というのである。宴の乱れた会場を抜け出した一行は、小楠の農場に向った。
 納屋の一隅には、売れ残った二百キロのアーリョが茎をしばって吊るしてあった。技師はその中の一束をとって首を落とし、尻ひげを切り、薄皮を剥いだ。
 「う・・・・・む」猪瀬は唸った。
 係長たちと顔を見合わせた。無言ではあるがどの目も「見事だ」という感嘆の眼差しであった。技師はポケットから拡大鏡を取り出し入念に調べていた。彼らはひそひそと何かを相談していたが、やがて結論を出した。
 「小楠君・・・・・これはいける。新品種だ、絶対この種子が他所へ散らばらないようにしてくれ、此処だけで殖やしてくれ、そのための肥料、農薬代などの融資の便宜も計ってあげよう。そして一回の出荷量がカミニョン一台に達したとき、K産組に出してくれ、そのほうが運賃も安上がりのはずだ・・・・・それまでは技師を派遣してできるだけ力になってやろう」猪瀬はおもむろに宣言した。
 それから三年間、小楠はタマネギ仲間の神武と黙々と種子を殖やし、今年第一回のアーリョが中央市場に届いたのである。
 これでやっとアーリョ・ショウナンの由来を納得した鹿さんは、「じゃ何かい、お前さん、表彰状とまではいかなかったのかい」
 「もらえるわけないだろう。俺はたった一キロを新聞紙に包んで持ってきただけさ・・・・・それにしても小楠は根気よくやったもんだ、偉い奴だよ。さすが俺の先輩だけはある。あいつのお蔭で、俺も大盾も嫁さんをもらえたもんな・・・・・去年だってお前も大盾もアーリョを植えろ、といって百キロずつこの高価な種子を回してくれたんだよ。俺、小楠のほうには足を向けて寝られんよ」
 大貫の舌の先が、だいぶんあやしくなってきたようだ。鹿さんは、自分たちもこれから同じ船に乗るアーリョブームの酔いと、述懐談の余韻をかみしめながら、大貫がほおを上気させて満足そうにしゃべる横顔を見ては、いよいよ目を細めるのだった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(7)2015年10月9日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(7)  牛にはそれぞれ、日本名ブラジル名を太郎、花子、テレザ、タチアナ、というように命名していた。太郎は日ごろボテコまで800メートルの道程を、出荷用の乳缶を載せて運ぶのに訓練していたので、カロッサは嫌がらずにつけさせていた。 でも、この日の太郎はちがっていた。 山道に入って二キロも […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(8)2015年10月10日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(8)  鹿さんはマキを補充しながら、「おいおい、先ほどのアーリョの話はどうなった」「ああ、あのかぜ薬か」大貫は無造作に言った。 牛はもう手放しにしてしまったし、用のないアーリョだから、「食べたらいい」と小楠の奥さんに差出した。それを使わずに小楠が植えたのである。その一キロのアーリョは […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(6)2015年10月8日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(6)  だが季節外れの降霜のため、せっかく生育のよい小麦も、毎年穂孕期に被害を蒙り、入植者は断念してミーリョを植えたり、近くのパルプ工場に働きに行ったりして、土地を手離す者が増えていた。 小楠の隣耕地も、ジャポネースで、いい買い手があれば世話をしてくれとたのまれていたのである。「俺が […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(2)2015年10月2日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(2)  今年になってこの地方は、アーリョの旋風が起こっている。それは、新品種として発見されてアーリョ・ショウナンが本年度始めて出荷してみて、サンパウロ中央市場で認められ、色艶といわず、身のしまり工合といわず好評を得、売れ行きは上々で高値をよび、その上、農務長官の認可も得て登録されたか […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(5)2015年10月7日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(5)  それがカロッサに積む時、毎朝乳缶の蓋をとってみると、どの缶も必ずといってよいほど乳が盗まれている。乳はひと晩置くうちに。上面に黄色い膜を張るものである。その乳の固まりを集めて煮つめると手製のマンテーガができる。それが盗まれるのだ。どうせその分は出荷しないものの、乳も二、三リッ […]