ホーム | 文芸 | 連載小説 | アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里 | アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(7)

アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(7)

ニンニク「長南種」

ニンニク「長南種」

 牛にはそれぞれ、日本名ブラジル名を太郎、花子、テレザ、タチアナ、というように命名していた。太郎は日ごろボテコまで800メートルの道程を、出荷用の乳缶を載せて運ぶのに訓練していたので、カロッサは嫌がらずにつけさせていた。
 でも、この日の太郎はちがっていた。
 山道に入って二キロも歩かないうちに座りこんでしまった。いくら鞭でたたいても、掛け声をかけてもびくともしない。こうなると尻に火をつけても動かないのが牛である。この様子を見習ってか、他の牛もへたへたと座ってしまった。
 泣きたくなった。
 雨は小降りになっていたとはいえ、まだ、降り続いている。仕方がない、野宿しよう。道端の木に綱を巻きつけてテントを張った。
 大貫は雨に洗われた草を鎌で刈り集めては牛に与えた。その間に大盾は火を起こそうと思ったが、どこを見ても落ち葉も枯れ草も湿っていて、火がつきそうな代物は一つもない。やむなくパラナ松の林の横に見える板壁の家は、牧場の管理人の家であろうか、そこへ行ってマキや焚き付けを分けもらい、ビニールの肥料の袋につつんで持って来て火をつけた。
 ある程度の火のオキができると、濡れている木も周囲にならべて乾かし、夜通し燃やし続けることができた。こうして飯盒に飯を炊いて食べ、一夜を明かした。翌日から雨も止んだ。
 悪戦苦闘とはこのようなことをいうのであろうか。32キロの道のりを、だまし、すかして牛を追い、四日がかりで小麦植民地に辿りついた。その間に、「あけみ」という母牛と子牛を一頭ずつ死なせてしまった。あけみは初日から泡をふき、乳房を地面に引きずるようにして歩いていたが、途中で倒れて痙攣を起こして息が絶えた。死体は道端の山の中に穴を掘り、引きづって埋めた。大盾が黄色い草花を供えた。
 被害はそればかりではなかった。
 後になって分かったのだが、そのほか、花子やテレザ、タチアナなど、みな乳が上がってしまい、一頭も乳は出なくなった。あまりにも過酷な仕打ちをした報いであった。こうなると手も足も出ない。これから健康を回復させ、種付け、孕ませ、子を産ませ、乳をとるまで、再び軌道に乗せるには二年を要する。これは経営上の致命傷だった。
 行き先を考えれば酪農は無理だという結論を出さざろう得ない。牛は二束三文に売り払った。ここまで話を聞いた鹿さんは、自分も雨の中で鞭をふり上げながら歩いたような興奮を覚えながら、「へえ・・・・・やることはやるわい」と相槌を打ち、「それからどんなにして食い継いできた」と先を促した。
 大貫はまたピンガの大瓶を担ぎながら、「そこよ、そこが先輩のありがたいところよ、ほら、小楠はセボーラ作りの名人だろう、それとミーリョを植えて豚を飼っていたので、俺たちをどうにか食べさせてくれたよ。そのうちに、くに(日本)から送金してもらって、小楠の隣接地を買い求めたよ。今の土地がそれよ、それを大盾と半分ずつ使っているわけさ」。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(8)2015年10月10日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(8)  鹿さんはマキを補充しながら、「おいおい、先ほどのアーリョの話はどうなった」「ああ、あのかぜ薬か」大貫は無造作に言った。 牛はもう手放しにしてしまったし、用のないアーリョだから、「食べたらいい」と小楠の奥さんに差出した。それを使わずに小楠が植えたのである。その一キロのアーリョは […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)2015年10月14日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)  林田は何か猪瀬に耳打ちをしていた。猪瀬の目が眼鏡ごしにきらり光った。職業柄、この連中は鹿を追う漁師に似ている。「見せてくれ」というのである。宴の乱れた会場を抜け出した一行は、小楠の農場に向った。 納屋の一隅には、売れ残った二百キロのアーリョが茎をしばって吊るしてあった。技師は […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(6)2015年10月8日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(6)  だが季節外れの降霜のため、せっかく生育のよい小麦も、毎年穂孕期に被害を蒙り、入植者は断念してミーリョを植えたり、近くのパルプ工場に働きに行ったりして、土地を手離す者が増えていた。 小楠の隣耕地も、ジャポネースで、いい買い手があれば世話をしてくれとたのまれていたのである。「俺が […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(2)2015年10月2日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(2)  今年になってこの地方は、アーリョの旋風が起こっている。それは、新品種として発見されてアーリョ・ショウナンが本年度始めて出荷してみて、サンパウロ中央市場で認められ、色艶といわず、身のしまり工合といわず好評を得、売れ行きは上々で高値をよび、その上、農務長官の認可も得て登録されたか […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(5)2015年10月7日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(5)  それがカロッサに積む時、毎朝乳缶の蓋をとってみると、どの缶も必ずといってよいほど乳が盗まれている。乳はひと晩置くうちに。上面に黄色い膜を張るものである。その乳の固まりを集めて煮つめると手製のマンテーガができる。それが盗まれるのだ。どうせその分は出荷しないものの、乳も二、三リッ […]