ホーム | コラム | 樹海 | 収入の半分近くを国債の利払いに浪費する国が、まずすべきことは何か

収入の半分近くを国債の利払いに浪費する国が、まずすべきことは何か

2014年の政府支出。左側の黄色い部分45・11%「juros e amortizações da dívida pública」を直訳すると「債務の利息および償却費」だが、要するに「国債の利息」を意味すると掲載元サイト(www.auditoriacidada.org.br)にある

2014年の政府支出。左側の黄色い部分45・11%「juros e amortizações da dívida pública」を直訳すると「債務の利息および償却費」だが、要するに「国債の利息」を意味すると掲載元サイト(www.auditoriacidada.org.br)にある

 借金の利払いのために収入の半分を使っている一般家庭があれば「借金しすぎ」と判断されるが、実はブラジル政府もそれに近い状態だ。我々が国に払っている高い税金の半分近くが、国債の利払いに浪費される。本来なら税金は教育、医療、インフラ整備などの公共投資に回されて国の富を豊かにすることで国民に還元されるはず…▼この公債問題の専門家マリア・ファトレリ氏は『カルタ・カピタル』誌サイト6月9日付記事の中でこう告発をする。国の借金を賄う国債を発行するのは中央銀行。国債を買う権利があるのは12金融機関のみでシティバンク、イタウ、HSBCなどの国際金融機関。なぜ国際的銀行が多いかといえば、世界でブラジルほど金利が高い国はないからだ▼今の基本金利は14・25%。国債はそれ以上の利子で売りに出されるから、20%近い場合も。その利払いに税金が使われる構図だ。国民から広く集めた税金が国債を通して国際金融機関に吸い上げられるシステム―とファトレリ氏は告発する▼「途上国から収奪」という意味で、国債は資本主義の時代の「新植民地主義の手法」だと批判する活動家まで。ブラジルが国債を大量発行するキッカケは軍政時代に米国から強要されたからとの指摘も。そんな国債を格付けするのが米3大格付け会社だ▼ジウマ政権の最大課題の財政調整は、いかにこの借金を払うために国内向け投資を削るかが焦点だ。財政調整が遅れると、ケツを叩くように格下げがやってくる。ブラジルが最優先すべきは、借金払いを終えて財政再建することだ。大統領罷免のドタバタ以前に、そんなまっとうな〃夢〃を語る政治家が出ないものか。(深)

詳細を知りたい人はこのページへ(http://www.auditoriacidada.org.br/e-por-direitos-auditoria-da-divida-ja-confira-o-grafico-do-orcamento-de-2012/

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?2019年9月17日 アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?  世界的にも珍しい「ブラジル式民主主義」を象徴する慣習を無視――ボウソナロ大統領が5日、次期連邦検察庁特捜局(PGR)長官(日本式に言えば「検事総長」)に、3人リスト(lista […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]