ホーム | コラム | 樹海 | 日系社会から生み出される歌

日系社会から生み出される歌

 18日、フェルナンジアス道80キロ地点に程近いキヨワ農村文化協会で、ブルー・スターと呼ばれる楽団が伴奏する第1回のど自慢大会が開かれた▼同文協に関しては弊紙ポ語版に運動会の記事が出た事がある程度の知識しかなかったが、初めて訪れ、看板の文字や棚に並ぶトロフィーなどを見て、ここでも日本人や日系人が集い、日本の文化や日本語を伝える試みを続けてきたのだな~と強く感じた▼同大会では、日系コロニアの人々が作詞、楽団リーダーの杉村ロベルチーニョ氏が作曲・編曲した曲も3曲披露された。会場で配布されたパンフレットによれば、移民100周年の時作られた「海を渡って100周年」も含め、同氏作曲・編曲の曲5曲は近日中にCD化される予定だ▼カラオケ大会で歌われる曲は、日本で作られかつ歌われてきた曲が大半だ。だが、ブラジルに根付き、ここで生きる人達が作った詩や曲も生み出され、歌い継がれていく可能性を見た事は、多くの人との出会いや手作りの大会の良さと共に大きな収穫となった▼カラオケでは日本人顔負けの技量で歌うが、日本語は話せないという人もいないではない。だが、カラオケで歌う事で日本語を覚えたという人や、コーラスの練習の時などに「この歌詞の意味は?」と聞いてくる人もいる▼各々の時代を反映し、折々の思いを込めた曲が多くの人に歌い継がれるであろう事は、コロニアでカラオケが盛況である事からも容易に推測できる。だとすれば、コロニアで生まれた曲も、折りある毎に歌われる事で、次第に浸透していくはずだ。ブラジル生まれの日本語の曲が日系コロニアを更に豊かにしてくれる事も願わされた一日だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 師走と紅白、クリスマス2019年12月5日 師走と紅白、クリスマス  1日に開催された、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB)と藤瀬圭子プロダクション共催の紅白歌合戦の様子が4日付弊紙で報じられた。同日は別のところでも紅白が行われ、赤組勝利の情報が流れており、日系コロニアでは紅白歌合戦は師走を中心とする年中行事の一つなんだと改めて感じ […]
  • 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ!2019年12月3日 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ! アジア系が手を組んだ東洋街のブラックフライデー  「火は小さいうちに消せ!」「天気が良いうちに屋根を直せ」――これは人生においても、外交においても常に頭に置いておくべき金言ではないだろうか。  サンパウロ市のパウリスタ大通りに今年できたばかりの韓国文化院で、最近 […]
  • 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合2019年11月29日 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合  23日に行なわれたサッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦にはブラジル中が熱狂した。あの試合からまだ1週間も経っていないが「2010年代のブラジルで最高の試合」。そう呼んでも過言ではない気がする▼少なくとも、コラム子の経験に照らし合わせてみ […]
  • 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う2019年11月28日 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う  フランシスコ法王が23日から日本を訪れ、被爆地の長崎と広島などを訪れた。ローマ教皇の日本訪問は38年ぶりで、カトリック信者か否かに関わらず、大勢の人が法王の言葉に耳を傾けた▼法王が訴えた事の一つは核兵器廃絶だ。平和と安定への望みは人の心にある最も深い望みの一つである事や、核兵 […]