ホーム | コラム | 樹海 | 遠くが見える視点が欲しい

遠くが見える視点が欲しい

 小学1年生の国語の教科書に、「みえる みえる」という話がある。熊の兄弟が小高い丘の上のブランコで遊ぶ話で、弟は、丘のふもとの我が家でお母さんがおやつの準備をしているのを見た。だが、兄は、先方にある丘の向こうの海や船が見えたという▼この話は、お母さんが「おやつですよ」と呼び、兄弟揃って丘を下りるという描写で終る。だが、兄弟熊が見たものの違いなどを考えると、ひらがなを学ぶだけの教材にしておくのはもったいないと思う▼椅子の上に乗ると、普段気づかない棚の上の埃が見えるなど、視点の違いで見える事柄や意味合いが変わる事は日常生活でも多い。また、自分の目線でしか物事を見ていないのに、全て知っているかの如く振舞う人も少なくない▼先日も、自分は教育者で経営者と自負する人が、若い部下に踊らされ、倫理観のなさをとがめる事もせず、両方の意味での「未熟さ」を露呈するのを見た。孫悟空が世界の果てに行き着いたと思い、雲間に立つ5本柱の一つに自らの号「斉天大聖」と書き、小便もかけた。ところが、悟空が目を凝らして釈迦の手を見ると、中指に号が書いてあり、その根元には小便の跡。つまり、「世界の果て」だと思っていたのは釈迦の掌の上だったとの話も思い出す▼自分は何でも知っており、全て見えていると思う人程、全体が見えてない事が多い。だが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という諺やソクラテスの「無知の知」は、何も知らないと自覚し、自分を低くする人こそ、真理を探究する喜びや謙遜を学ぶ事を教えてくれる▼弟熊の見たものは温かく、素晴らしい。だが、最近の出来事からは、より多くの人が、体が大きく、ブランコも大きくこげる兄熊や空を飛ぶ鳥のように高い視点を持つ事をと願わされている。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ゴンザガ植民地出身者親睦会2004年11月18日 ゴンザガ植民地出身者親睦会 11月18日(木) […]
  • この子たちが大人になってもサッカーを楽しめるように、各クラブの自助努力を(Bruno Cantini/Clube Atletico Mineiro)2015年7月15日 各クラブの自助努力急務=上院がMP671号承認=負債返済期間は20年に  13日、連邦上院が暫定令671号(MP671)を承認した。ジウマ大統領の承認を待つばかりの同法案は、サッカーチームの負債解消期間延長など、原案より緩やかな内容となった。14日付伯字各紙が報じた。 ブラジルサッカー連盟(CBF)事務局長で元下議のヴァルテル・フェルドマン氏は […]
  • 東西南北2009年7月16日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年7月16日付け […]
  • 東西南北2013年10月9日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月9日  春になったとたんに雨の日が続き、今週になり雨があがったと思ったら今度は急激に冷え込むなど、春とは思えない天候が続くサンパウロ市だが、7日午後3時の気温は北部サンターナの観測所で14・4度を記録した。これは過去10年のサンパウロ市の10月の気 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(11)2021年5月21日 安慶名栄子著『篤成』(11)  気の毒な父は、母のための法事で心も体も疲れ切っていたはずなのに、さらに子供をなくすなんて。そうです。  あの時点では父は子供を一人無くしていたのです。近くに私の叔母が住んでいたので、そこに行っていないだろうかと、父は大慌てで探しに行った。いない。父は喉が絞まるような苦痛を覚 […]