ホーム | コラム | 樹海 | 遠くが見える視点が欲しい

遠くが見える視点が欲しい

 小学1年生の国語の教科書に、「みえる みえる」という話がある。熊の兄弟が小高い丘の上のブランコで遊ぶ話で、弟は、丘のふもとの我が家でお母さんがおやつの準備をしているのを見た。だが、兄は、先方にある丘の向こうの海や船が見えたという▼この話は、お母さんが「おやつですよ」と呼び、兄弟揃って丘を下りるという描写で終る。だが、兄弟熊が見たものの違いなどを考えると、ひらがなを学ぶだけの教材にしておくのはもったいないと思う▼椅子の上に乗ると、普段気づかない棚の上の埃が見えるなど、視点の違いで見える事柄や意味合いが変わる事は日常生活でも多い。また、自分の目線でしか物事を見ていないのに、全て知っているかの如く振舞う人も少なくない▼先日も、自分は教育者で経営者と自負する人が、若い部下に踊らされ、倫理観のなさをとがめる事もせず、両方の意味での「未熟さ」を露呈するのを見た。孫悟空が世界の果てに行き着いたと思い、雲間に立つ5本柱の一つに自らの号「斉天大聖」と書き、小便もかけた。ところが、悟空が目を凝らして釈迦の手を見ると、中指に号が書いてあり、その根元には小便の跡。つまり、「世界の果て」だと思っていたのは釈迦の掌の上だったとの話も思い出す▼自分は何でも知っており、全て見えていると思う人程、全体が見えてない事が多い。だが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という諺やソクラテスの「無知の知」は、何も知らないと自覚し、自分を低くする人こそ、真理を探究する喜びや謙遜を学ぶ事を教えてくれる▼弟熊の見たものは温かく、素晴らしい。だが、最近の出来事からは、より多くの人が、体が大きく、ブランコも大きくこげる兄熊や空を飛ぶ鳥のように高い視点を持つ事をと願わされている。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]