ホーム | イベント情報 | 沖縄祭りでBEGIN公演=ウチナー一色の7、8日

沖縄祭りでBEGIN公演=ウチナー一色の7、8日

上原会長、照屋実行委員長、木本さん

上原会長、照屋実行委員長、木本さん

 ブラジル沖縄県人会ヴィラ・カロン支部(上原テーリオ会長)が『第13回沖縄祭り』を11月7、8日両日午前11時から、同支部前サッカー場(Praca Haroldo Daltro, 297)で開催する。入場無料。それぞれ午後9時、同8時まで。
 特別ゲストとして沖縄県出身で日本の人気バンド「BEGIN」が公演を行う(時間帯は未定だが両日夕方以降)。例年2万人の来場者を数える同祭を一層盛り上げる。
 過去2度の伯国公演を通し、当地の伝統音楽「マルシャ」に影響を受けたBEGINは、今年6月アルバム『ビギンのマルシャショーラ』を発売。自身の楽曲をブラジル風にアレンジした作品を収録し、当日は同作からも演奏されることが予想される。
 ほかにも舞台ではレキオス芸能同好会など、総勢600人の太鼓隊が登場。琉球舞踊、バンド演奏等も加わり、絶えず舞台を盛り上げる。また沖縄空手の模擬演技には大迫力の400人が登場する。
 食事も沖縄そばやサータアンダーギー(沖縄風ドーナツ)や山羊汁(ヒージャージル)等の沖縄料理や各種日本食のバザリスタが100店軒を並べる。
 上原会長と照屋武吉実行委員長は「ブラジル中の県人が集まるお祭り。五感で沖縄を味わって下さい」と呼びかけた。
 またブラジル側でのBEGINのコーディネーター・木本マルシオさんは、「メンバーは『ちょうど条約が調印された11月にライブができるのは特別なことだ』と話している」と明かした。
 問い合わせは同支部まで(11・2296・1120)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017年11月29日 沖縄移民110周年が本格始動=実行委員会発足、忘年会も=「有名歌手が来伯するかも」  ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)はサンパウロ市本部で23日午後3時から「沖縄移民110周年実行委員会」設立会議、その後の忘年会には約160人が集まり、政治経済が困難だった今年を無事に乗り越えたことを共に祝った。本紙取材に対し、島袋会長は来年8月に開催される沖縄移民1 […]
  • 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《6》2018年6月12日 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《6》 「少なくとも5年毎に母県からミッションを派遣してもらうこと」  県人会はいつまでも母県との繋がりを大切にしなければならないことは当然である。そのため毎年でも県知事等幹部の来伯を要望したいところである。  しかしながら、県の財政事情もあるので、せめて県人会創設時からみて5年毎 […]
  • 2011年12月24日 第21回=国境を超える芸能の力=民族的〝武器〟としての歌 ニッケイ新聞 2011年12月24日付け  西銘知事がアトランタの県人から歓迎され、一緒にカチャーシーを踊り、芸能という〃儀式〃を通して喜びを共有することから大会が始まったことを第17回で説明した。このように沖縄では芸能が日常生活に生きており、時代に合わせて姿を変えて生き […]
  • 昨年12月11日に迎えた110歳の誕生日2014年2月11日 コロニア最高齢 上地マツさん逝去=110歳で大往生 ニッケイ新聞 2014年2月11日 コロニアの最高齢、沖縄県名護市真喜屋出身の上地マツさんが1日午後10時過ぎ、老衰のため逝去した。享年110。97歳までゲートボールを続け、100歳を超えてもニッケイ新聞に目を通すのが日課。医者には「治すところがない」と言われる長寿者の見本 […]
  • おごそかに「かぎやで風節」を奏でる教師と師範ら2014年10月3日 移民を唄ったブラジルの琉球民謡  「民謡」というと、どちらかというと〃過去の音楽〃という印象が強かったが、9月28日にサンパウロ市の沖縄県人会会館で開催された琉球民謡保存会ブラジル支部の「民謡の祭典」では、〃生きている音楽〃だと肌身で感じられた。当地で作詞作曲された名曲が歌い継がれていたからだ。その時の様子を […]