ホーム | イベント情報 | ラジオ体操連盟、創立40周年=17日、フェスティバルも

ラジオ体操連盟、創立40周年=17日、フェスティバルも

来社した一行

来社した一行

 ブラジル・ラジオ体操連盟(木下ジョルジ会長)は「第36回ラジオ体操フェスティバル」を17日午前9時半からチエテスポーツセンター(Avenida Santos Dumont, 843)、「創立40周年晩餐会」を同日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)で行う。
 同会は78年に初代会長の細川晃夫氏がリベルダーデ商工会の活動の一環として、地域住民を集めてラジオ体操を始めたことをきっかけに発足。現在48支部、会員は3千人以上に上る。
 サンパウロ州及びサンパウロ市公式カレンダーに6月18日が「ラジオ体操の日」として制定されていることから、それに併せてフェスティバルを開催する。およそ1千人以上、カンポ・グランデなど遠方からも駆ける。
 創立40周年に合わせて、日本の全国ラジオ体操連盟から慶祝団26人も出席する。晩餐会では、功労者に対して感謝状が授与される。
 案内のために来社した一行は「ラジオ体操は一見地味だが、老若男女が楽しめるもの。伯厚生省の支援や指導者の地道な努力によって、伯社会にも広く取り入れられている」と振り返り、「フェスティバルは1千人を超える人が集り、見応えあるものになるはず。ぜひご来場を」と参加を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も2018年7月13日 名護市慶祝団歓迎会、来月5日=80歳以上高齢者表彰も  ブラジル名護市親睦会(末吉業幸会長)は、「名護市訪問団歓迎会及び高齢者表彰」を8月5日午後7時から、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • ニッケイ俳壇(909)=富重久子 選2016年10月7日 ニッケイ俳壇(909)=富重久子 選 サンパウロ  林とみ代 指揮棒に合はぬ合唱百千鳥 【「合唱」、多くの人と声を揃えて歌うのは実に楽しく、またよい歌曲の合唱を聴くのも楽しいものである。 この句の様に、楽譜を見るのにとらわれて指揮棒に合わないということはよくある事。それにしても季語の「百千鳥」がユーモアも交えた […]