ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 8月に40周年を迎えた「ブラジル熟年クラブ連合会」が、もう一つおめでたい節を迎えた。月刊の会報「老壮の友」が記念すべき500号(9月号)を発行した。会報の歴史は連合会自体より長く41年8カ月を数える。つまり、一度の休刊も無かったわけだ。また近々40周年記念号もう発行予定。五十嵐司会長の挨拶は「継続は力なり」の言葉で始まる。その説得力となんとも日本人らしい生真面目さに、同じ日本人ながら頭が下がる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2011年9月3日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年9月3日付け […]
  • コラム 樹海2006年5月24日 コラム 樹海 […]
  • 在サンパウロ総領事館=中村領事マナウスに転勤=後任の井手領事が着任2020年12月19日 在サンパウロ総領事館=中村領事マナウスに転勤=後任の井手領事が着任  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)の総務班、中村玲子領事(神奈川県、41)が21日から在マナウス日本国総領事館へ転任するにあたり、後任の井手博之領事(大阪、38)と共に15日に来社した。  中村領事はマナウス、ブラジリアで計4年の任期を経て18年3月に在サ […]
  • ≪ブラジル≫最高裁がLJ主任解任審理を差止め=薄氷踏むダラグノル捜査官2020年8月19日 ≪ブラジル≫最高裁がLJ主任解任審理を差止め=薄氷踏むダラグノル捜査官  デウタン・ダラグノル検察官をラヴァ・ジャット作戦主任捜査官から解任するかどうかを決める18日の全国検察委員会(CNMP)の審理を、最高裁のセウソ・デ・メロ判事は17日に一時差止めにした。18日付現地紙が報じている。  セウソ判事が差止めたのは、ダラグノル氏の弁護士が […]
  • 東西南北2010年12月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年12月18日付け […]