ホーム | コラム | 樹海 | 天国の前味を知った人々

天国の前味を知った人々

 2000年10月、サンパウロ市パライゾ区の教会で、「平和・平安」を意味するヘブル語の「シャローム」という名のデイサービスが始まった。当初は火曜日だけだったが、需要に応じるために火、木の2回になり、現在まで続いている▼利用者は延べ135人で、平均年齢は90歳。100歳を超える利用者もいる会は、歌やゲーム、工作、昼食とその後の団らんなど、常に和やかな雰囲気で営まれている。教会を会場としている事もあり、奉仕者にはクリスチャンが多い。奉仕者は全員ボランティアで、70、80代の人も含まれている事が信頼感を高め、会の厚みを増す事にも繋がっている▼27日に援協福祉センターで開かれた15周年の感謝会では、発起人ら創設時からの世話人会メンバーに拍手が贈られたが、大半は今も現役の奉仕者だ。15年間、一つの事を続けるのは容易ではない。何かを始めるのは大変だが、継続するのはもっと難しいと考えるコラム子は、創設メンバーが現役で奉仕し、後継者を育て、祈りで支える姿に敬服するのみだ▼シャロームに参加し始めてから明るくなった人の様子や「皆に会うのが楽しみ」という声、利用者や奉仕者の人柄や生き様に触れて自分達が豊かにされる経験は他のものに代え難い。伴侶を亡くされた方が「天国で再会する時を楽しみにしている」と話す様子も、同会ならでは▼パライゾ(天国)で産声を上げたデイサービスで天国の前味である真のシャロームに触れる事が出来た人々が、15年間で135人という数字を多いと見るか少ないと見るかはそれぞれだが、真の平和や平安の一端を味わえる場がこれからも続くよう、願わされた事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 中道や中道左派が、政治を三極化出来ない理由2019年12月13日 中道や中道左派が、政治を三極化出来ない理由  「政治の二極化」。ブラジル政治がそう言われるようになって久しい。それは民主社会党(PSDB)がボウソナロ氏に取って代わろうが、労働者党(PT)が政権から降りようがその状況は変わらず、むしろ強化されているようにさえ見える。  世論調査だけを見れば、世は「三極化」ではな […]
  • 喜びと歌声に溢れ、成長するイベント2019年12月12日 喜びと歌声に溢れ、成長するイベント  8日、サンパウロ市東部の日本人会館で橘和音楽教室主催の第14回友好の一日が開催された。コラム子は第8回から参加させてもらっているが、毎年が驚きの連続だ▼コーラスの一員として参加した初回、昼食後に披露された橘和バンドの演奏を聴き、家族が一致して奏でるシャープで幅のある音に驚いた […]
  • 《ブラジル》ジャーナリズムはグローボ経営危機を救えるか2019年12月10日 《ブラジル》ジャーナリズムはグローボ経営危機を救えるか 既存大手メディアと対立を深めるボウソナロ  「もしお前たちの放送権の承認更新に少しでも問題点があれば、絶対に更新はありえない。お前達はいつも俺の人生をいらだたせる。この役立たず!!!」(Se o processo da renovacao da concessao […]
  • 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分2019年12月6日 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分  まだ大統領就任から1年がたっていない現在、ボウソナロ大統領はもう次回、2022年の選挙に向けて動いている。  その動きの一つが新党「ブラジル同盟(APB)」の結党だ。自分自身がコントロールしやすい党で2期目を狙いたい。そんなところだろう。もともと、政党に腰が座らず、 […]