ホーム | ビジネスニュース | ブラデスコGの社長2人死亡=小型飛行機が農場に墜落

ブラデスコGの社長2人死亡=小型飛行機が農場に墜落

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル観光業=昨年は外国人観光客4・8%の伸び=観光ビザ取得義務の免除訴える観光相2017年1月5日 ブラジル観光業=昨年は外国人観光客4・8%の伸び=観光ビザ取得義務の免除訴える観光相  ブラジル観光省が4日、昨年1年間にブラジルを訪れた外国人観光客は延べ660万人に達したと発表したと、同日付現地サイトが報じた。  これは2015年と比べ、実数で30万人、割合にして4・8%の増加だった。  同省は、増加の主要因は、8月から9月にかけてリオ市で行われたリオ五 […]
  • リオ五輪組織委=1億レアル超の債務に苦しむ=各協会への支援も打ち切り2017年5月18日 リオ五輪組織委=1億レアル超の債務に苦しむ=各協会への支援も打ち切り  昨年のリオ五輪・パラリンピック閉幕から8カ月経ったが、リオ五輪組織委員会は今も1億1700万レアル(40億円相当)の債務に苦しんでいると、17日付現地紙が報じた。  本来の債務は1億3200万レアルだったが、五輪組織委は、債権者との交渉の末、1500万レアルの減額に成功した […]
  • リオ2016=市内のホテル9割埋まる=同業界の雇用創出12万人2016年7月26日 リオ2016=市内のホテル9割埋まる=同業界の雇用創出12万人  リオ五輪が間近に迫った22日、リオ市内のホテルの五輪期間中の占有率は92・5%に達したと同日付G1サイトが報じた。 西部のバーラ・ダ・チジュカや南部のサンコンラド、イパネマ、レブロンのホテルは既に満杯で、南部のレメは4%しか空きがないという。 同期間中は、ホテルのほか、豪華客 […]
  • 16/17年夏=外国人観光客は250万人?=受け入れ態勢まだまだ未熟2016年12月23日 16/17年夏=外国人観光客は250万人?=受け入れ態勢まだまだ未熟  暦の上の夏が21日に始まったが、ブラジル観光公社(Embratur)はこの夏の外国人観光客は250万人に達すると予測している。  20~22日付G1サイトによると、15年にブラジルを訪れた外国人観光客は630万人で、世界ランキングは45位だった。観光客の大半を占める国内客に […]
  • リオ五輪=リオ市建設会社と契約解除=完成まで残り10%の段階で2016年1月16日 リオ五輪=リオ市建設会社と契約解除=完成まで残り10%の段階で  リオ市都市化公社が14日、Ibeg、Tangran、Damianiの3社合弁会社ITDが完成期限を守らなかったとして、五輪テニス会場建設に関する契約を破棄、1100万レアルの罰金も課したと15日付エスタード紙が報じた。 同会場は16面のコートが張られ、1万9750人を収容でき […]