ホーム | コラム | 樹海 | 新たな交流の芽生えに期待

新たな交流の芽生えに期待

 「行くときや帰ってきてすぐは出入りするけど後はサッパリだよ」。ある万年県人会長が嫌味タップリに話していた。県費留学・研修生が県人会活動に参加しないことを非難しているのだが、「彼らが集まるような取り組みをするのが会長の務めでは」と心の中で皮肉ったものだ。しかし、ほとんどの会は同じ状況だろう。制度が打ち切られ、「県人会のメリットはもうないね」と言い切る関係者までいる▼ある県人会の周年事業で慶祝団が訪問した。知事とOBとの懇談を傍聴した。もともと内気なのか日本語で話さなければと思ったのか、OBらの発言はほぼなく、知事の方から「…時間もあるので何かないですか?」と促すほど。こんな状態で制度の有益性を見出し、復活させようと思うわけがない。二、三世の県人会長のほとんどがOB。これからどうなるのかなと思ったりもする▼そんななか、鳥取県人会の新たな動きに感じ入った。OBらが基金をつくり、母県の若者をブラジルに呼ぶ「母県若人招へい事業」を始めるという(13日付け特集)。もはや県に経済的な面を含め頼りきるような時代ではない。「相互にメリットのある関係づくり」が必要と思っていた。体質を変えるような芽生えを歓迎したい▼第1期の田中勝子さんは石破二朗知事(当時)来伯時に直談判した。個人での初訪日時に「県費留学の開始」を電報で知らされ、翌年の第1期生となった。「日本を知りたい」という自発的な動きが制度を生んで半世紀。ちなみに石破知事は、地方創生担当大臣の石破茂氏の父。〃48県目〃の地方創生に関係があるとは、なんとも感慨深い。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]