ホーム | 日系社会ニュース | コロニア今昔物語=翻訳業の難しさ語る=後藤田怜子さん講演

コロニア今昔物語=翻訳業の難しさ語る=後藤田怜子さん講演

後藤田さん

後藤田さん

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)の『コロニア今昔物語』が4日午後、翻訳家の後藤田怜子さんを招き文協ビル内の会議室で行なわれた。同氏は「宮本武蔵」(吉川英治)、「潮騒」(三島由紀夫)などの翻訳を手がけたことでも有名。テーマを「翻訳から見た日本語の特質」とし、約40人が集まった。
 翻訳について冒頭、「言語との絶え間なき狂気じみた戦い」と評し、「4500年前には古代シュメール語からヘブライ語への翻訳者さえもいた」と紹介。自身が英ポ語の翻訳者としてキャリアを始めたことから、日英ポ語における三国間の文化の違いについて解説した。
 日本語の「おはようございます」には「朝からお勤め、お早うございますね」という日本人の、時に仕事中毒とさえ言える「勤勉性」と「思いやり」が込められているとし、「Good morning」、「Bom dia」にはないものだとした。
 直訳と意訳の違いにも触れ、「(日本家屋の)廊下をはいずりまわり落ちた」を翻訳する時、「ポ語の『corredor(廊下)』から『落ちる』ことはあり得ないので大変苦労した」と明かし、聴衆の笑いを誘った。
 質疑応答では「『一村一品』のように、直訳しても意味が通らない言葉はどう翻訳すべきか」「若い翻訳者の育成はどうなっているか」などの問いにも真摯に答え、1時間半に及ぶ講演が終了した。進行は日本語だったが、熱心にメモを取る非日系の姿も見られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 世界一の洋上書店がリオに=80万冊の本を載せて6日まで2019年10月3日 世界一の洋上書店がリオに=80万冊の本を載せて6日まで  全長132・5メートル、9階建ての大型船舶を使った、世界一の洋上書店ロゴス・ホープ号がリオのプラッサ・マウア埠頭に停泊している。  ロゴス・ホープ号のブラジル寄港は初めてで、アルゼンチンからブラジルを経てカリブ海に向かう。8月中はサンパウロ州のサントス港に停泊してい […]