ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現在、ラヴァ・ジャット以外でも様々な疑惑を抱えるルーラ前大統領の友人の牧畜企業家、ジョゼ・カルロス・ブンライ氏が話題を呼んでいる。彼の存在が、これまで大統領経験者を裁いたことのない伯国の歴史を揺るがすか否か、今後も注目される。その一方、お隣のアルゼンチンでは1日、同国で90年代の約10年間大統領をつとめたカルロス・メネム氏に対し、武器輸出の罪で4年半の実刑判決を言い渡した。同国では過去にも同氏に有罪を下しているほか、軍政時代の独裁者ビデラ元大統領にも実刑を履行させている。ルーラ氏の犯罪性の有無がどうこう以前に、勇気ある捜査や判断を望みたい。
     ◎
 ペルナンブッコ州を筆頭に14州に広がった、妊婦がジカウイルスに感染したことに伴うと見られる小頭症児増大が、世界的にも注目されはじめた。世界保健機構(WHO)は1日、世界140カ国に対し、ネッタイシマカを媒介して感染するジカウイルスの伯国での罹患状況や小頭症児の誕生との関係性、同病とギランバレー症候群との関係性などのレポートを添え、ジカウイルスによる小頭症を警戒するよう注意を呼びかけた。国内はもちろんだが、国際的な拡大は阻止したい。
     ◎
 元セレソン監督で現在はクルゼイロを率いるマノ・メネゼス氏に、中国のサッカー・チームから監督のオファーがあったことが明らかになり、マノ氏も前向きだという。実現すれば、フェリポン氏に続くセレソン指導者の監督就任となる。20数年前に日本がやっていることを、現在は中国が行っている形だが、この傾向はいつまで続く?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月5日 東西南北  4日に起きたラヴァ・ジャット作戦でのルーラ前大統領の強制連行と取調べは伯国を大きく揺るがし、世界的にも報道された。近隣のアルゼンチンやウルグアイ、ベネズエラなどでサイトのトップ扱いで報道されたのをはじめ、ラ米以外の国でも、ニューヨーク・タイムスが国際面トップで報道するなど、多 […]
  • 東西南北2015年10月28日 東西南北  昨日27日は、ルーラ前大統領の70歳の誕生日だった。だが、そのタイミングで、三男ルイス・クラウジオ氏の企業にゼロテス作戦での捜査の手が伸び、自身の政権時の暫定令(MP)をめぐる連邦政府の関与も疑われる贈収賄劇が浮上した。さらに、その直前には、友人のジョゼ・カルロス・ブンライ氏 […]
  • 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども2016年12月27日 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども  2016年は伯国にとっても激動の1年だったが、8日付G1サイトが、フェイスブックで読まれた記事のデータを基に、この1年間、国内で最も話題となったものを「10大ニュース」の形でまとめている。 […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2016年8月23日 東西南北  長い準備期間を経て開催されたリオ五輪も、2週間強の競技を終え、遂に終了した。開幕前は、やれラヴァ・ジャットだ、経済危機だ、大統領罷免だと騒がれ、ジカ熱に関しては国内外でも不安を煽る報道がされるなど、落ち着いている暇もなかったが、日程が進むにつれ、意外な競技でのメダル獲得や、お […]