ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 13日に行われる第2回ミミ・パーティー。当初はロリータ・ファッション愛好家によるお茶会だったものが、日本のカワイイ文化を通して伝統文化とポップカルチャーの仲介や日伯交流を目的とした幅広いイベントに変わってきた。前回の開催で松田明美さんは、「ロリータに限らず〃自分のオシャレ〃をすることで自信や勇気、エネルギー源となり幸福感に繋がる」と実感したという。「カワイイ文化に年齢制限はありません」とも。読者の皆さんも会場に足を運び、今の日本の新しい文化に触れてみませんか?
     ◎
 4日の朝日新聞デジタル版によると、福岡県那珂川町の町立中学校が予定していた戦争の悲惨さを伝える朗読劇が、町の判断で中止になったという。参加者には幼児もいると予想されることから、原爆で死亡した遺体写真を見て、強烈なショックを受けると町側が判断した結果だ。しかし、原爆投下による非人道的な大量殺人は、変えようが無い歴史上の事実。それを繰り返さないためにも、周知徹底するのが大切では。確かに幼児にはショックが大きいかもしれないが、日伯を問わず、しかるべき年齢に達した子供には、必ず一度は知る機会を与えたほうがいいのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]
  • 大耳小耳2020年3月21日 大耳小耳  コロナ危機の影響で、水曜日からリベルダーデ日本広場の周辺が寂しくなっている。角にある丸海グループのコンビニ「MARUSO」は早々に一時閉店し、その向いの「喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」も20日時点で一時休店になった。スーパー「丸海」や「ブエノ」、「海鮮」などは営業して […]
  • 大耳小耳2020年3月19日 大耳小耳  東京大学保健センターサイトによれば、新型肺炎の症状は以下の通り。 《★風邪の症状や37・5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ★強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2 […]