ホーム | 日系社会ニュース | 「お釣りで偽札受け取った」=高齢者狙いか、ご注意を!

「お釣りで偽札受け取った」=高齢者狙いか、ご注意を!

本物(上)と見比べると発色が悪いことが分かる

本物(上)と見比べると発色が悪いことが分かる

 「偽20レアル札をお釣りとして受け取った。皆さんに気をつけてと注意を喚起したい!」と吉田チドリさん(77、宮崎)が編集部に困惑した表情で現れた。
 11月30日、聖市リベルダーデ区アメリコ・デ・カンポス街で拾ったタクシー運転手から、お釣りとして受け取ったという。運転手は手渡す時の挙動に不審な感じがあり、吉田さんは「確信犯ではないか」と話している。買い物で使おうとした際、店員から指摘され、初めて気がついた。
 偽札の特徴は一見して「印刷の色は全体的に赤っぽい」「紙質が滑らか」「文字の印刷がぼやけている」「透かしのデザインがやや異なる」「右上の20の数字に光沢加工がされていない」「右下にある小さな文字DEUS SEJA LOUVADO(神よ祝福したまえ)がDEUS SEJA IOUVADOと間違っている」こと等が挙げられる。
 何度か使用された風に見えるような加工もされており、注意しなければ一瞬では見分けられない。特に高齢者を狙っている可能性もあるので注意が必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • 《ブラジル》移民110周年=環境音楽家ファビオさん=野鳥の囀り入れた楽曲披露2018年4月25日 《ブラジル》移民110周年=環境音楽家ファビオさん=野鳥の囀り入れた楽曲披露  環境音楽家のピアニスト、ファビオ・カラムルさんが15日午前、サラ・サンパウロでコンサートを行なった。約2時間もの公演では日本とブラジルの鳥の囀り、録音した虫の声などを基に作曲した約20曲を披露し、観客を癒した。後援は日伯文化連盟(アリアンサ)、レストラン木下。ブラジル […]
  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • 援協定例役員会=さくらホーム、日本庭園造園を承認=スザノで来月ダリア祭も2018年2月23日 援協定例役員会=さくらホーム、日本庭園造園を承認=スザノで来月ダリア祭も  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、『2月度定例役員会』を22日午前11時半から、援協本部ビルで開催した。  冒頭、日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長が、資金調達を目的としたリッファ販売にあたり、その約1割の販売協力をした援協に謝意を述べた。 […]
  • ブラジル公教育に柔道導入を!=「国家百年の計で人創り」=2020年以降、必修化か2018年3月9日 ブラジル公教育に柔道導入を!=「国家百年の計で人創り」=2020年以降、必修化か  東京五輪の2020年にブラジル公教育に柔道導入を――16年10月に日本国文部科学省と伯スポーツ省との間で、「スポーツ分野における協力覚書」が締結されたことを機に、日本政府の国際貢献事業「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として、本年度から「柔道導入プロジェクト」が開 […]