ホーム | コラム | 樹海 | 大災害から1カ月過ぎて

大災害から1カ月過ぎて

鉱滓ダム決壊直後のマリアナ市ベント・ロドリゲス地区: Corpo de Bombeiros/MG(5/11/2015)

鉱滓ダム決壊直後のマリアナ市ベント・ロドリゲス地区: Corpo de Bombeiros/MG(5/11/2015)

 ミナス州マリアナで起きたサマルコ社の鉱山の鉱滓ダム決壊事故から、5日で丸1カ月が過ぎた▼ダムの真下にあった部落の一つはゴーストタウン化し、泥で覆われた街がきれいになるのは早くても1年後といった情報が今も続く。TVでは家や田畑を失った農夫が、ホテル暮らしは「(外を歩く事を許された)自由な囚人」そのものだと嘆く姿も流れた▼サマルコの親会社のValeは当初、決壊したダムに投入していた自社鉱滓は5%と言っていたが、その後の報道では、Vale分の鉱滓は20%を超えていたともいう。しかも、決壊したダムから流出した鉱滓は、申告されていた量の20倍の可能性ありとのニュースを聞いた時は開いた口が塞がらなかった▼企業が利益を追い求めるのは当然だ。だが、環境面も含めた安全確保や従業員達の生活の保障を忘れてはならないし、行政機関も各種の計画を分析し、それが履行されているかを監視しなければならない▼だが、今回の事故後、監査すべき機関に関係する政治家達にも鉱業界からの献金が流れていたとの報道に触れ、監視機関が充分に機能していなかった理由はここにあるのかと勘ぐりたくなった。ドッセ川流域とエスピリトサント州沿岸部の住民や企業、生態系に及んだ被害の全容はまだ解明不能だし、悪天候で中断された海洋視察も7日から再開されたばかり▼大西洋の茶色のしみはこれからも広がるはずだが、明らかに人災といえる災害の傷跡は深く、広い。本当に必要なものを見極めるために、一時的に寄付の受付を止めた機関もある。種々の報道を見る都度、被災者が1日も早く生活の場と平安を取り戻せるよう願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 経済発展の原動力描く「移民のブラジル」2019年8月20日 経済発展の原動力描く「移民のブラジル」  米国の衛星放送及びケーブルテレビの番組供給会社「ヒストリー(History、歴史)」は、ブラジル独自に新シリーズ「Brasil de […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]