ホーム | コラム | 樹海 | 大災害から1カ月過ぎて

大災害から1カ月過ぎて

鉱滓ダム決壊直後のマリアナ市ベント・ロドリゲス地区: Corpo de Bombeiros/MG(5/11/2015)

鉱滓ダム決壊直後のマリアナ市ベント・ロドリゲス地区: Corpo de Bombeiros/MG(5/11/2015)

 ミナス州マリアナで起きたサマルコ社の鉱山の鉱滓ダム決壊事故から、5日で丸1カ月が過ぎた▼ダムの真下にあった部落の一つはゴーストタウン化し、泥で覆われた街がきれいになるのは早くても1年後といった情報が今も続く。TVでは家や田畑を失った農夫が、ホテル暮らしは「(外を歩く事を許された)自由な囚人」そのものだと嘆く姿も流れた▼サマルコの親会社のValeは当初、決壊したダムに投入していた自社鉱滓は5%と言っていたが、その後の報道では、Vale分の鉱滓は20%を超えていたともいう。しかも、決壊したダムから流出した鉱滓は、申告されていた量の20倍の可能性ありとのニュースを聞いた時は開いた口が塞がらなかった▼企業が利益を追い求めるのは当然だ。だが、環境面も含めた安全確保や従業員達の生活の保障を忘れてはならないし、行政機関も各種の計画を分析し、それが履行されているかを監視しなければならない▼だが、今回の事故後、監査すべき機関に関係する政治家達にも鉱業界からの献金が流れていたとの報道に触れ、監視機関が充分に機能していなかった理由はここにあるのかと勘ぐりたくなった。ドッセ川流域とエスピリトサント州沿岸部の住民や企業、生態系に及んだ被害の全容はまだ解明不能だし、悪天候で中断された海洋視察も7日から再開されたばかり▼大西洋の茶色のしみはこれからも広がるはずだが、明らかに人災といえる災害の傷跡は深く、広い。本当に必要なものを見極めるために、一時的に寄付の受付を止めた機関もある。種々の報道を見る都度、被災者が1日も早く生活の場と平安を取り戻せるよう願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 樹海拡大版=ウイルスと戦うのでなく、共生する生き方2020年4月21日 樹海拡大版=ウイルスと戦うのでなく、共生する生き方  日本の厚生労働省サイトに《新型インフルエンザに関するQ&A》(https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html)というページがあったので、のぞいてみた。  《通常の季節性インフルエンザで […]
  • 《ブラジル》ジャーナリズムはグローボ経営危機を救えるか2019年12月10日 《ブラジル》ジャーナリズムはグローボ経営危機を救えるか 既存大手メディアと対立を深めるボウソナロ  「もしお前たちの放送権の承認更新に少しでも問題点があれば、絶対に更新はありえない。お前達はいつも俺の人生をいらだたせる。この役立たず!!!」(Se o processo da renovacao da concessao […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、サンパウロ州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以 […]