樹海

 あれから20年―。時の過ぎ行く早さと同時に、記憶の生々しさにも驚く。倒壊する高速道路などテレビに映し出される映像も容易に思い出せるし、スーパーなどから商品が無くなったのも印象に残っている。今日17日、阪神淡路大震災で亡くなった6434人の犠牲者を悼む追悼法要が日本各地で開かれている▼当時の新聞をめくってみると、日伯間の電話回線がパンクし、デカセギや留学生の安否を気遣う家族のコメントが続く。そして翌日、翌々日と日系人被害者のニュースが増えてくる。ブラジル政府が用意した専用機での帰国者を迎える家族や報道陣でごった返す空港。インターネットがなかったコロニアの動揺ぶりが見てとれる▼やはりそうか、という感を強くしたのはコロニア団体の義捐金活動の遅さ。3日後の20日に「募金を始め、窓口を作りましょう」という悠長さが非難の的にもなっている。とはいえ、訪日用に貯めていた費用を送る人など全伯から続々と義捐金が寄せられ、1カ月半で50万レアルが集まった▼兵庫県と姉妹州県を結ぶパラナ州では義捐金活動のほかに、州民による折り鶴6万羽が贈られた。おりしも提携25周年で県知事のブラジル訪問がキャンセルに。今年の45周年では記念式典などが開かれる。当時を振り返り、友好関係を確かめてほしい▼災害復興公営住宅では、孤独死した高齢者がこの20年で1千人を超えた。あの日をひと時も忘れることはなかっただろう。家族を失った日系家庭でも同様だ。兵庫県人会は本日午前10時から、宮城県人会で追悼法要を開く。コロニアもまだ忘れてはいない。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今年一番感動したエピソード2017年12月27日 今年一番感動したエピソード  今年も本日で、本年最後の新聞となった。本当に一年が早い。今年もいろいろ取材したが、中でも一番感動した話を紹介したい。8月末にブラジル静岡県人会創立60周年の祝賀会の席で、川勝平太知事にインタビューした時のことだ。  上座で食事をしていた知事に近づき、「11月から日系 […]
  • 移民110周年で立ち上がれ! ノロエステ2016年11月25日 移民110周年で立ち上がれ! ノロエステ […]
  • 民衆の声を現すのはデモか支持率か2014年8月23日 民衆の声を現すのはデモか支持率か  本格的な選挙キャンペーンが始まり、普段テレビを観る時間帯は常に政見放送が流れるようになった。観ていて面白いものではないが、国際指名手配されているはずのマルフ元聖市長も堂々と登場するのには驚く。いつまでも平然と政界に居座っている彼自身の神経の図太さはもちろん、それを許す社会 […]
  • 人材をつぶす日本の教育界2014年8月21日 人材をつぶす日本の教育界  南麻州カンポ・グランデであった沖縄移民百周年記念行事で、数年前に本紙で働いていた元研修記者に出会った。今は日本の高校で歴史を教えている。ウチナーンチュの熱い集いを見ながら、「いやー、すごいですね!」と目じりにしわを寄せて笑う。わざわざ夏休みを利用して訪れ、この歴史的行事に […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]