ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | これは一体、本当なの?=ジカウイルスの「噂」出回る

こちらの記事もどうぞ

  • セアラー州=猿からもジカウイルス検出=コントロールはより困難に2016年4月23日 セアラー州=猿からもジカウイルス検出=コントロールはより困難に  サンパウロ総合大学(USP)とパスツール研究所、セアラー州保健局の調査員達が、セアラー州内陸部に住む猿からジカウイルスを検出した事が明らかにされた。 ジカウイルスに感染していたのが確認された猿は、マカコ・プレゴと呼ばれる種3匹とマーモセット(ポルトガル語ではサギ)と呼ばれる種 […]
  • ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性2016年3月30日 ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性  24日発行の科学雑誌『サイエンス』に、ブラジルのジカ熱感染は2013年5月~12月に始まっていた可能性が高いとの記事が掲載された。 ブラジル初のジカ熱患者は、2015年5月に確認された事になっている。だが、ブラジル国内外の研究者達は、最初の感染は13年に起きていたと考えている […]
  • デング熱患者150万超す=流行年の昨年比176%増2015年11月26日 デング熱患者150万超す=流行年の昨年比176%増  【既報関連】保健省が24日、11月14日までに確認されたデング熱患者は153万4932人で、年同期比176%増と報告したと同日付各紙サイトなどが報じた。 今年の死者は811人で重症者は1488人。昨年は55万5462人罹患、453人死亡、重症者728人だから、死者は79%、重 […]
  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]