ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 明日13日は、3、4、8月に続く、全国的なマニフェスタソンが行われる。サンパウロ市は例のごとく、今回もパウリスタ大通りが開催場所となる。今回のテーマは、ズバリそのもの、「ジウマ大統領罷免」になるわけだが、しかし、それだけで済むとは思えない。国民の中には、エドゥアルド・クーニャ下院議長が自身の議員権剥奪の危機と引き換えに罷免請求を受理したことに不満を感じている向きも多いからだ。そのため、明日のマニフェスタソンは、「罷免反対」派も「クーニャ罷免」派も入り乱れ、かなり荒れ模様になることもありえる。くれぐれも、暴力沙汰だけにはならないように。
     ◎
 サンパウロ市南部に、今にも倒れそうな電信柱が存在し、市民を不安がらせている。それはジャルジン・ミリアンのクペセー大通りの5205番にある電信柱で、電線にしっかりつながれた状態で、イタリアのピサの斜塔を思わせるような傾き方をしている。この近辺には、教会や人気のファストフードの店もあり、人通りも多いという。これがいざ倒れたら、あたった人はもちろんだが、切れた電線による感電その他、諸々の事故も懸念されるのだが。
     ◎
 ミシェル・テメル副大統領夫人のマルセラさんが、2人目の子供を妊娠中であると報じられた。テメル氏にとっては、以前の結婚での子供を含め、5人目の子供となる。マルセラさんとテメル氏は年の差が43歳ある夫婦として知られていたが、来年、この子が生まれれば、副大統領は75歳で父親となる。これをやる気にして、権力を狙うこともありえるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年10月28日 東西南北  27日、ルーラ元大統領が71回目の誕生日を迎えた。ただ、今回の誕生日ほど、同氏がつらい状況に置かれた年もないのではないだろうか。愛弟子のジウマ大統領は罷免を受け、統一地方選でPTが惨敗。さらに自身も三つの案件で告発されて被告となり、さらにはかねてから疑惑視されていたオデブレヒ […]
  • 東西南北2016年11月18日 東西南北  2016年という年は、ジウマ大統領の罷免とリオ五輪という、年表に載せるべきことが二つも起きており、ブラジル社会にとって歴史的に見て特別な年になるということに、多くの国民も同意すると思われる。だが、この年の混乱はまだまだ終わらない。ただでさえ、大統領と下院議長が罷免されたという […]
  • 東西南北2016年9月3日 東西南北  8月31日のジウマ前大統領の罷免後も、なかなかブラジルは収まらない。ジウマ氏は最高裁に罷免無効を訴える訴訟を起こし、逆にテメル大統領の民主運動党(PMDB)と民主社会党(PSDB)は、罷免後もジウマ大統領の政治生命維持を認めたことに対する訴訟を起こした。レヴァンドウスキー長官 […]
  • 東西南北2016年9月14日 東西南北  8月31日のジウマ大統領の罷免に続き、エドゥアルド・クーニャ前下院議長も下議を罷免された。ここ数年、ブラジルの政界を象徴する対立関係にあった2人が、まるで「喧嘩両成敗」とでも言わんばかりに二人とも罷免となった。それにしても、大統領の罷免自体が世界的に見てそれほど多いことではな […]