ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年8月2日付け

 ロンドン五輪5日目の1日、サッカー男子五輪代表は対ニュージーランド戦を3—0で快勝。これで3勝となり、グループCを1位通過。4日の準々決勝の相手はD組2位のホンジュラスだが、4日に対戦する可能性もあった日本はD組1位となり、決勝に進んだ場合のみ対戦。対照的に女子ブラジル代表は3日の準々決勝でなでしこジャパンと対戦。メダルへ向けての大きな関門だ。
     ◎
 肺胞低喚起症候群という難病を抱えたサンパウロ州の1歳5カ月の男児、アドレイ・ゴメス・サレスちゃんが6カ月に渡る州との裁判の末にペースメーカーの移植が認められ、1日に手術を行った。病気により横隔膜に圧力が届かず、補助機器がないと呼吸できないアドレイちゃんだが、ペースメーカーが機能すれば1人での呼吸が可能になる。両親は、生誕直後から入院を続けるアドレイちゃんが外出できる日を待ち望んでいるという。
     ◎
 70年以上の芸暦を誇り、今年めでたく90歳を迎えたブラジル演劇史を代表するミュージカル女優ビビ・フェレイラが、10日から9月30日まで『ビビ〜歴史と歌』と題したコンサートをサンパウロ市中央部のフレイ・カネッカ劇場で行う。ビビはその後も精力的に公演活動を行い、10月にはポルトガルのリスボン、11月にニューヨーク、来年にはパリでも開催。驚異的な〃生きる伝説〃だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ