ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 現地時間の15日朝、オーストラリアのシドニーで起きたイスラム教徒の50歳男性による立てこもり事件で、17人いた人質の一人だったブラジル人のマルシア・ミカエルさんは16日、同国のトニー・アボット首相を批判した。それは、「首相との電話をテレビで生中継してほしい」との犯人の要求に同首相が応えなかったためだ。「ゴルフをしていたのか犬の散歩をしていたのか知らないけど、首相がその時やっていたことより人の命の方がずっと大切なのに」とマルシアさんは不満を露にした。マルシアさんは足を負傷し、16日に金属片などの除去手術を受けた。傷口の一つは形成手術も必要だという。
     ◎
 16日午前5時頃、サンパウロ市南部ヴィラ・アンドラーデにあるジョバンニ・グロンキ大通りのブラデスコ銀行の支店に強盗が入り込み、自動現金引き落とし機(ATM)を3度にわたって爆破させ、現金を盗んで逃走した。犯行の際は同大通りを通る車を止め、交通妨害もさせていた。その3時間ほど前には、北部トレンベーでも同様にATMを爆破する事件が起きたが、この時は現金は盗まれていない。こちらも犯人は現在も逃走中だ。
     ◎
 大サンパウロ市圏ブラガンサ・パウリスタ市役所は15日、同市が提供した再生資源ゴミで作った、リサイクル製品のクリスマスツリーを、わずか12時間で撤去することを決めた。理由は市民からの「醜い」との苦情が絶えなかったため。この決定に作成にあたった芸術家は不満を表明したが、同市のフェルナン・レメ市長は「およそクリスマスらしくなく、私も醜いと思う」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 興行新記録が確実なはずが=映画館内で空席目立つ「十戒」2016年1月30日 興行新記録が確実なはずが=映画館内で空席目立つ「十戒」  28日より、ブラジル映画史上の興行新記録の期待が込められた、映画「オス・デース・マンダメントス(十戒)」の公開がはじまった。既に前売り券300万枚を売った、などとも伝えられていた同作だが、各地の映画館では早速意外な事態が起こっているという。 報道によっては、「大入り満員で大盛 […]
  • 開拓初期のリオ・フェーロ植民地の様子(松原家所蔵)2014年8月16日 大統領と日本移民の友情=松原家に伝わる安太郎伝=(13)=約束守られないドウラードス=渡伯一月でスト、前代未聞のウナ  戦後移民の第一便は1953年2月、アマゾン移民17家族がリオに到着、同7月7日に松原移民枠でドウラードス植民地に入る22家族112人が入った。3次に分かれ、総計は和歌山県人54家族、岡山県人10家族の64家族だった(人文研年表116頁)。 リオ・フェーロよりコ […]
  • サンパウロ州=ナザレ・パウリスタで黄熱病のサルの死体=25日に予防接種の特別キャンペーン2017年11月24日 サンパウロ州=ナザレ・パウリスタで黄熱病のサルの死体=25日に予防接種の特別キャンペーン  サンパウロ州ナザレ・パウリスタで、10月25日に死体で見つかったサルが黄熱病に感染していた事が判明し、25日に予防接種の特別キャンペーンが実施される。  サルの死体が最初に見つかったのは、ナザレ・パウリスタ市ヴィセンテ・ヌネス区のカショエイラ道だ。このサルが黄熱病に感染して […]
  • 大耳小耳2014年11月12日 大耳小耳  レタス農家の奥山正行さんは64年間、同じ土地を使って農業をしている。「土地が悪くなって移転する人も多いのでは。長続きの秘訣は?」と尋ねると、「専門家に土質を見てもらって、常に改良する努力が必要。ボクも10年前からAveia(カラス麦)と黍を蒔いて育て、刈って土に混ぜて堆肥 […]
  • 水曜シネマ=4、18日に上映2010年8月3日 水曜シネマ=4、18日に上映 ニッケイ新聞 2010年8月3日付け  「文協水曜シネマ」の8月上映は次の通り。11日は他のイベントのため休み。  4日「皇室の20世紀 昭和天皇の思い出」(50分)、「のど自慢」(112分、監督=井筒和幸、主演=室井滋、竹中直人)。 […]