ホーム | 日系社会ニュース | 「会員の積極協力に感謝」=商議所忘年会に250人
会場の様子
会場の様子

「会員の積極協力に感謝」=商議所忘年会に250人

 ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)は11日、聖市のブッフェ・コロニアルで恒例の忘年会を開催した。会員企業代表者のほか、梅田邦夫大使、中前博隆総領事らも出席し、総勢250人で1年の労をねぎらった。
 挨拶に立った村田会頭は、「厳しい環境の中、積極的に協力してくれた会員の皆さまにとても感謝している」と話し、1年の総括として、各種セミナー活動や外交120周年記念事業だった花火大会への寄付金協力などを紹介。
 名誉会頭である梅田大使が乾杯の挨拶に立ち、「来年は今年以上の激動の1年になる。官民一体となって、乗り切りましょう」と呼びかけた。
 歓談の合間には、サラリーマン6人で結成したバンド「Antiques」が登場。例年プロの音楽家やマジシャンなどが出演するが、「青葉城恋歌」や「青春の影」など懐かしの名曲を中心に9曲を披露し、会場を盛り上げた。リーダーの細谷浩司さんは「練習時間に制約のある中、うまくいってよかった」と一仕事を終え、安心した様子だった。
 各企業が景品を持ち寄り行われたプレミアム大抽選会では、1000レアル分の食事券や大型テレビなど全36点が供された。抽選会の目玉となった日伯往復ビジネスクラス航空券を引き当てたビジネスコンサルタントの橋本晃さんは、「良い1年の締めくくりになった」と喜んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本人学校で浪曲公演=春野さん250人の児童に2015年10月10日 日本人学校で浪曲公演=春野さん250人の児童に  本日10日午後2時に広島文化センターで、公演(入場無料)を行なう浪曲師・春野恵子さんが、到着翌日の8日午前、聖市の日本人学校で公演を行なった。小学1年生から中学3年生の生徒と父兄、約250人が浪曲の魅力に親しんだ。 「子ども好き」と話す春野さんは、馴染みのない児童らにも伝わり […]
  • 乾杯する中前総領事夫妻(中央)ら2015年6月25日 中前新総領事の就任祝う=文協で250人が大歓迎  日系諸団体が11日夜、聖市文協で中前隆博・在聖総領事の歓迎会を行なった。日系5団体代表にJICAやJETRO、麻州からも来場者があり、貴賓室は約250人が詰め掛ける超満員となった。 あいさつに立った呉屋春美・文協会長は「外交120周年、在聖総領事館設立100周年と重要な年 […]
  • JICA調査団、ロ市へ=高齢者支援の講演に250人2016年4月6日 JICA調査団、ロ市へ=高齢者支援の講演に250人  当地の日系高齢者支援に関し情報収集と現地調査のため、JICAを通じ来伯していた佐久総合病院の北澤彰浩診療部長ら専門家が先月20日、パラナ州ロンドリーナを訪れた。 翌日午前から同市職員を交え、高齢者に関わる行政の取り組みについて意見交換。昼食後には同地に派遣されている、JICA […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]