ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 言論界にもっと活気を=サンパウロ 梅崎嘉明

言論界にもっと活気を=サンパウロ 梅崎嘉明

 昨今は戦前移民はともかく、戦後移民の移住者もかなり老齢化して、2つの邦字新聞の購読者も年々減少しているようだ。淋しいことである。
 だが、その反面、ある年齢に達した方々が、自叙伝とか歌集、句集といったものを時々出版されているようだ。書店に置いても売れる可能性も少ないので限定出版として友人間に配布されているようだが、受け取った方がまた老齢者で、感想文とか批評がほとんど出なくなったので、世間に知られず消えてしまうことが多い。
 昔は文学のカカレッコ(犀で文学に猛進するの意)と言われた武本由夫などは、(1960~70年代)誰かが何かを出版すると必ず書評を書いていた。たとえ下手な作品でも、その長所を取り上げて励ましたもので、作者はそれに啓発されて文学界を盛り上げたものだ。
 最近はそうした奇特な評論家がいなくなった。時に感想文が出ることがあるが、「作者から頼まれて書きました」などと熱意のない返事が返ってくる。かく言う私も、最近2、3の書物を頂いているが、家内の病死などもあって、すっかりお礼の感想を怠っている。
 その1、楽書倶楽部30号。この書物は2ヵ月に1回発行されていて、今年で5年になる。最初はわずかな投稿者であったが、この度は42人のエッセイが集まっていて、内容も充実している。

楽書倶楽部30号

楽書倶楽部30号

 発行者は前園博子氏で、しかも会費なしの個人雑誌の形で投稿者に無料配布しておられる。現代の世の中で、こういう方がおられるということは奇跡に近い。しかも見識ばらないので、投稿者は姉妹のように親しみを持って集まっている。

 その2、谷口範之著、雑草のごとく(2)。第二次世界大戦に招集され、転々と戦闘に参加され、ついに捕虜となりシベリアの収容所で生死の境をさまよった話、復員後、アマゾンのガマ植民地に家族と共に移住され、ここでも苦い体験に明け暮れた日々が細かく描かれていて涙をさそわれる。

著書『雑草のごとく(2)』を持つ谷口範之さん。(2015年9月24日付ニッケイ新聞)

著書『雑草のごとく(2)』を持つ谷口範之さん。(2015年9月24日付ニッケイ新聞)

実体験であるので、彼が心酔している作家・藤沢周平の作品より私には重みを感じた。

 その3、藤田朝壽著、赭き大地。

来社された藤田朝壽さん(2015年12月1日ニッケイ新聞)

来社された藤田朝壽さん(2015年12月1日ニッケイ新聞)

彼は戦前移民で、若い頃から短歌に親しみ、何十年ぶりに発行された第一歌集、彼半生の集大成である。昭和年代に全盛をきわめた歌誌『アララギ』の影響のもとに勉学され、実直、平易な作品群で誰にも親しみやすく、1つの素材を何首にも連作したものが多く、小説を読むように内容がよく伝わってくる。
 以上のような作品群だが、日系コロニアに生きる人々の歴史が脈々と伝わってくる。いずれも限定版のようで、希望者は作者にお願いするといい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄2016年10月26日 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄  今日では薬草や野菜類が健康に良いと、ブラジルの雑誌などにも沢山書かれており、非日系人の間にもだんだん知られ普及してきたようです。  この薬草ですが、誰にでも効くものと、人によっては効かないものがあるようです。自分に合わないと思ったら、色々試して合うものを見つける必要があると […]
  • 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹2016年6月8日 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹  珍しく早起きして、ソファで血圧を計っていると電話がなった。早朝に電話がなるのはお葬式の話と決まっているので、恐る恐る受話器を取る。「オレオレ。未だ寝てた?」アチバイアのMさんだった。 「聞いて驚くなー」人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元 […]
  • 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹2016年8月19日 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹  ブラジル事情に詳しくて、いつも新聞や実業雑誌に投稿されていたAさん。街でお会いすると、いつも向こうから声を掛けて来られ「元気ですか」と挨拶される。私の人生の師であった。 […]
  • 想い出を暖めて「オートバイの旅」=クリチーバ 田口さくお2016年2月4日 想い出を暖めて「オートバイの旅」=クリチーバ 田口さくお  息子とオートバイの旅に出た。行先はクリチーバ市から約2百キロ、グァラキサーバという港町。息子の友達夫婦との4人旅、グラショウザ街道を降り、アントニーナ市から砂利道を走ること約1時間。砂利道の本道から約10キロのところに『サルト・モラト』という滝がある。 ここは『グルッポ・ボチ […]
  • ニッケイ新聞と日系=サンパウロ 吉野功努雄(てつお)2016年3月1日 ニッケイ新聞と日系=サンパウロ 吉野功努雄(てつお)  ニッケイ新聞土曜日の『国際派日本人養成講座』を興味深く読んでおります。『日本文化』も読みましたし、親戚にも送りました。本や新聞は一人でも多くの人に廻して読むように務めております。幸い今ではXEROXの機械が沢山あり、良い記事はコピーして皆んなに配っております。 『日本文化』は […]