ホーム | 文芸 | 刊行 | 『ブラジル日系文学』=第51号は小説・随筆特集

『ブラジル日系文学』=第51号は小説・随筆特集

 『ブラジル日系文学』第51号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に発刊された。小説・随筆特集となっており、日語144頁、ポ語38頁もあり、内容的にも実に読みどころが多い。
 中でも、文協美術展の特選を目指して熾火のように真っ赤な執念を燃やし続ける画家・野村達治を描いた小説『鎮魂の歌』(能美尾透)、13歳から13年間も日本にいる初恋の彼女と手紙のやり取りをし続けた単独青年移民と20歳で結婚した女性が夫の死後、彼が遺した切ない〃想い〃を伝える小説『初恋の人』(有沢マリ子)など。
 巻末特集には『伯剌西爾時報が果たした役割~初期のブラジル文学の翻訳』(中田みちよ)では15頁に渡って、戦前の邦字紙に掲載された翻訳文学について、多数の文献を引用しながら解説をしており、同時報社長の黒石清作の生涯に関する興味深い考察が綴られている。
 関心のある人はEメール(secretaria@nikkeibungaku.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • PwC社「法律用語集」発行=希望者に無料配布中2015年7月23日 PwC社「法律用語集」発行=希望者に無料配布中  プライスウォーターハウスクーパーズ社(PwC、本社ロンドン)が、進出企業や学生向けに日ポ対訳の『法律用語集』を刊行した。ブラジル日本商工会議所の後援。 5千語に及ぶ、ありとあらゆる法律用語をポ語から索引できる。日本進出企業の要望を受け作成にいたった。PwC社の日系企業専門 […]
  • ジャブチ賞作品が日語に=中長編小説『にほんじん』=武本文学賞作品集も同時出版2016年1月9日 ジャブチ賞作品が日語に=中長編小説『にほんじん』=武本文学賞作品集も同時出版  ブラジル日系文学会(武本憲二会長)からブラジル文学翻訳選集第3巻『にほんじん』(236頁)および、『武本文学賞受賞作品集』(440頁)が出版された。同会の『ブラジル日系文学』の刊行50周年記念事業。 『にほんじん』はパラナ州出身の日系三世、中里オスカルさんの作品。2012年に […]
  • 完成した本を手にする著者の赤嶺さん2015年5月28日 笠戸丸沖縄移民を徹底追跡=『未来へ継ぐ裔孫』、日ポ両語で  笠戸丸移民の4割を占めた325人の沖縄系移民の足跡を徹底調査した『笠戸丸移民 未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、306頁)が発売中だ。80レアル。 本紙と提携関係にある沖縄タイムス(本社・那覇市)から昨年10月に発行、ニッケイ新聞が編集協力した。 市町村別に、ブラジル永住者、 […]
  • ブラジル特報5月号2015年6月10日 ブラジル特報5月号  日本ブラジル中央協会の会報「ブラジル特報5月号」が発行された。 「サンパウロの水瓶、干上がるカンタレイラを教訓に」(掘坂浩太郎)「最新コーヒー事情」(山村嘉宏)「3・15デモと表現文化の伝統」(深沢正雪)など、各専門家による政治、経済、文化等、幅広い分野の伯国最新情報を掲 […]