ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 「なぜブラジルの住居には網戸が無いのか」―初めて伯国を訪れた日本人からよく聞く言葉だ。毎年デング熱によって死亡者が出ているのだから、網戸で蚊の進入を防ぐべき、というのがその理由だ。
 確かに網戸がある家を見たことがないし、資材店でも売っていない。洗濯ネットを加工して自作の網戸を窓につけているという人がいるので、需要はあるだろう。
 しかし自宅に網戸を設置しただけでは不完全。伯社会に網戸の文化が無いため、公共施設や会社などで蚊に刺される可能性があるからだ。
 JICAや日系企業は、伯国で網戸文化を普及させる企画を立ててはどうだろうか。日本移民が野菜を広めて伯国民の健康増進に貢献したように、網戸でデング熱による被害を減らせれば、日伯友好への大きな貢献となるだろう。(将)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために2016年1月12日 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために  ボウフラが湧いた―野外の水溜りではなく、我が家で数日放置したコップの中である。わずかな水があれば蚊は繁殖することを痛感させられた。 〃冬を知らない〃リオでは五輪期間の8月でも蚊が活発で、感染対策が必須だ。罹患患者の血液を吸った蚊が、他の人を刺すことでデング熱、チクングニア熱、 […]
  • オーリャ!2015年12月29日 オーリャ!  先週「ブラジルには網戸がない」と書いたところ、編集部に幾つも反論のメールが届いた。ネットで「tela de […]
  • 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻2019年6月25日 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻  ブラジル保健省が、6月10日現在のデング熱の患者数は59万6380人で、死者数は366人に達したと発表したと24日付現地紙サイトが報じた。  同省によると、昨年同期のデング熱による死者は139人で、今年は2倍以上になっている。内188人(51・3%)は60歳以上だった。慢性 […]
  • デング熱=サンパウロ州北部、北東部で流行の兆し=殺虫剤の夜間散布を行う市も2019年1月24日 デング熱=サンパウロ州北部、北東部で流行の兆し=殺虫剤の夜間散布を行う市も  サンパウロ州のアドルフォ・ルッツ研究所は州内北部、北東部の19市で、デング熱2型のウィルスが広がっていることを発見したと、22日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州保健局によると、このウィルスは、以前に他の型のデング熱ウィルスに感染した患者に対してより深刻な症状を引き […]
  • 《ブラジル》デング熱とチクングニア熱に注意=既に猛威を振るう兆候あり2018年11月2日 《ブラジル》デング熱とチクングニア熱に注意=既に猛威を振るう兆候あり  今年の夏は暑くなるとの予想が出ているが、一部の地域ではもう既に、デング熱やチクングニア熱が猛威を振るう兆候があるから注意するよう、1日付G1サイトが呼びかけた。  ネッタイシマカ(アエジス・アエジプチ)が媒介する病気の代表であるデング熱は、今年既に128人の死者を出している […]