ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年9月26日

 先日、スーパーマーケットでブラジル人男性が陳列棚の瓶を誤って落とし、割れて中身が飛び散った。しかし男性は苦笑いを浮かべると、何も言わずに立ち去り、後で店員が後始末をしていた。
 当地には、「掃除は家政婦/掃除夫の仕事」という〝常識〟があるようだ。ポイ捨てはもちろん、冒頭のような光景も時折見かける。先週末取材に行ったアルモニア学園では、「生徒に掃除をさせると親が怒る」という話を耳にした。
 「街が汚い」という不満はあるが、「だから幼い内から掃除の癖を」というのは別の話なのだろう。ブラジル学校に掃除の習慣はないが、同学園のような幼〜高までの一貫教育なら、子供に新たな価値観を植えつけやすい。掃除で荒れた学校や会社が改善したという美談を示し、親の理解を得られないものか。いずれ卒業生たちがブラジルを変える力になるかも。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • インジオの弔いの儀式2019年5月18日 インジオの弔いの儀式  トレンディ・ツーリズモの「インディオツアー」にオーリャ子も取材で同行し、インジオ部族の一つ「クイクロ族」の伝統舞踊を見る機会があった。歓迎を表す舞踊や、亡くなった仲間の一周忌に行う儀式「クアルッピ」を披露していた。  クアルッピは通常2日間行われるという。死者を模した木材に […]
  • ブラジルの沖縄文化を支える非日系人2019年5月16日 ブラジルの沖縄文化を支える非日系人  「“まくとぅ”は日本語で誠という意味。分かるよね?」と説明し琉歌を吟じ始めたのは、南麻州カンポ・グランデ市在住のクリスチアン・プロエンサさん(27)だ。野村流古典音楽協会ブラジル支部の創立65周年記念公演に出演するために上聖。非日系人だが日本語を話し、ウチナーグチも少 […]
  • 反応が大胆な映画鑑賞者2019年5月11日 反応が大胆な映画鑑賞者  来伯して1か月、先日初めて映画館に行った。「世界最大の日系社会があるのだから、日本語の吹き替えや字幕がついた映画が上映されているのでは」と期待して探したが見つからなかった。  仕方なくポ語字幕がついたアメリカ映画を選び、チケット窓口では携帯の翻訳アプリを使ってやり取りして、 […]