ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年9月26日

 先日、スーパーマーケットでブラジル人男性が陳列棚の瓶を誤って落とし、割れて中身が飛び散った。しかし男性は苦笑いを浮かべると、何も言わずに立ち去り、後で店員が後始末をしていた。
 当地には、「掃除は家政婦/掃除夫の仕事」という〝常識〟があるようだ。ポイ捨てはもちろん、冒頭のような光景も時折見かける。先週末取材に行ったアルモニア学園では、「生徒に掃除をさせると親が怒る」という話を耳にした。
 「街が汚い」という不満はあるが、「だから幼い内から掃除の癖を」というのは別の話なのだろう。ブラジル学校に掃除の習慣はないが、同学園のような幼〜高までの一貫教育なら、子供に新たな価値観を植えつけやすい。掃除で荒れた学校や会社が改善したという美談を示し、親の理解を得られないものか。いずれ卒業生たちがブラジルを変える力になるかも。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル2019年1月31日 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル  「ブラジルは距離が遠いからか、日本文化があまり伝わっていない」――日系社会に対して、日本の伝統陶芸家である十一代目大樋長左衛門氏が発したその言葉に、少し驚いた。  到着した24日に来社した際、大樋氏に印象を聞くと「日系社会の関係が濃く大きい。どの国と比較しても一番日本人らし […]
  • 日本の社会問題、『万引き家族』2019年1月23日 日本の社会問題、『万引き家族』  昨年のカンヌ映画祭で最高賞のパルム・ドール賞を獲得し、今年のアカデミー外国語映画賞にノミネートが決定した『万引き家族』。オバマ米前大統領もSNSで昨年のベスト10に同作品を挙げており、海外からの評価も高い。伯国では10日から上映が始まった。  出演は大河ドラマ『龍馬伝』にも […]
  • 国歌歌唱の金メダル2018年8月1日 国歌歌唱の金メダル  世界を旅する国歌レパートリー50曲のソプラノ歌手・鶴澤美枝子さんは外国の国歌を歌うとき「君が代」も必ず歌っている。「外国の国歌を歌えば、日本の国歌も歌わさせてくれる。もともと『君が代』を世界の人に聞いてもらいたいと思って始めた活動なんです」と言う。  国歌は間違えられないた […]