ホーム | 文芸 | 刊行 | 当地の名作、初の直訳に=「ぼくのオレンジの木」
作品の表紙(公式サイトより)
作品の表紙(公式サイトより)

当地の名作、初の直訳に=「ぼくのオレンジの木」

 当地の名作小説「メウ・ペ・デ・ラランジャ・リマ」の日本語訳『ぼくのオレンジの木』(ポプラ社、302頁)が発売されている。翻訳した永田翼さんと松本乃里子さんが来社、思いを語った。
 同作は著者のジョゼ・マウロ・デ ヴァスコンセーロスの半自伝的な作品で、90年以上前のリオを舞台に、感受性に満ちた5歳の少年ゼゼーの成長を描く物語。68年の発表以降、世界中で愛される。日本でも過去に英語版からの翻訳が発表されているが、原作からの直訳は初めて。
 永田さんと松本さんは「原作は非常に複雑な文体で書かれている」と話し、その味を翻訳にも出すことに苦心したという。「読むほどに人間そのものへの理解が深まる。子どもはもちろん大人にこそ読んで欲しい作品になった」と自信を語った。
 各日系書店で発売中。なおニッケイ新聞編集部でも取り扱っている。一冊105レ。


□関連コラム□大耳小耳

 『ぼくのオレンジの木』の帯には、作家・門野栄子さんが推薦の書評を寄せている。宮崎駿監督でアニメ映画化された小説『魔女の宅急便』などで有名な彼女には、ブラジルとの大きな接点がある。何と25歳の時に移民として当地へ渡り、2年間暮らしたのだという。作家としてのスタートも『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』(70年、ポプラ社)という当地で出会った少年との交流を描いたものだ。子どもから大人まで楽しめる同作、是非手にとってみて欲しい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • ピンドラーマ3月号配布中2020年3月7日 ピンドラーマ3月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」3月号が出版された。  美代賢志さんによる「ブラジル社会レポート」では世界的流行の新型コロナウイルスに対するブラジル国民の意識の低さを懸念する内容となっている。「開業医のひとりごと」では医師の観点からマスクの正しい使用方法など解説 […]
  • 人文研=10年ぶりに紀要を発刊=高知移民、満州引揚者ら考察2020年3月6日 人文研=10年ぶりに紀要を発刊=高知移民、満州引揚者ら考察  サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)は、10年ぶりとなる紀要第8号『人文研』(178頁)を昨年11月に発行した。人文研関係者や公募により寄せられた論文・研究ノートが掲載されている。若手研究員らが調査成果を定期的に発表していくことの重要性を訴え、再刊行の運びとなった。 […]
  • 「ピンドラーマ」1月号配布中2020年1月8日 「ピンドラーマ」1月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」1月号が出版された。  加山雄二郎氏の「魔詞不思議なブラジル経済」では、昨年のブラジル経済的政策を解説。2020年はボウソナロ政権2年目。その経済の興味深い展望を考察している。その他「白洲太郎のカメロー万歳!」、イベント、飲食店、 […]
  • ピンドラーマ=12月号配布中2019年12月6日 ピンドラーマ=12月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」12月号が出版された。  「ブラジル社会レポート」では、美代賢志氏が19年11月13、14日にブラジリアで開催された、BRICS首脳会談などのニュースを紹介。各国の政治的・経済的な動きについて、分かりやすく説明している。  「ブ […]