ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | シコが若者と路上で政治討論=与党支持の理由を問われ

こちらの記事もどうぞ

  • カエターノ・ヴェローゾ=全ての薬物の解禁を主張する=「大麻の味は大嫌い」にも関わらず2017年3月11日 カエターノ・ヴェローゾ=全ての薬物の解禁を主張する=「大麻の味は大嫌い」にも関わらず  ブラジルを代表するシンガーソングライターの大御所、カエターノ・ヴェローゾが9日、自身のインスタグラムで「大麻、そして全ての薬物の解禁を求める」と発言し、物議を醸している。  カエターノは現在74歳。昨年8月のリオ五輪では国を代表して開会式のパフォーマンスを行った国民的にも影 […]
  • テメル=就任2カ月で16の暫定令=コーロル以来の多さ=経済復興の施策を次々と=財政支出の上限設定案など2016年7月22日 テメル=就任2カ月で16の暫定令=コーロル以来の多さ=経済復興の施策を次々と=財政支出の上限設定案など  ミシェル・テメル大統領代行(民主運動党・PMDB)が就任2カ月で暫定令(MP)を16件提出しているが、これはフェルナンド・コーロル大統領が就任初年の1990年の最初の2カ月以来の多さとなる。21日付伯字紙が報じている。 このMPの多さは、歴代大統領の就任2カ月間の数字の中でも […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 軍政下の迫害者誉めそやす=ボウソナロ発言に世界中が反応2016年4月21日 軍政下の迫害者誉めそやす=ボウソナロ発言に世界中が反応  下院本会議で大統領罷免審議継続を問う投票が行われた3月17日、歴史的な投票の際は各下議に10秒程の時間が与えられたが、その中で、ジャイール・ボウソナロ(キリスト社会党・PSC)下議の行った演説が、(悪い意味で)世界を駆け巡ったと20日付エスタード紙が報じた。 反応が最も大きか […]
  • パッサリーニョ氏が死去=軍政時代の大物政治家2016年6月7日 パッサリーニョ氏が死去=軍政時代の大物政治家  軍事政権時代に三つの大臣職に就任するなど、ブラジル政界の大物政治家として知られたジャルバス・パッサリーニョ氏が5日、ブラジリアの自宅で老衰のため亡くなった。96歳だった。 1920年にブラジル北部のアクレ州に生まれたパッサリーニョ氏は、幼い頃に同じく北部のパラー州の州都ベレン […]