ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加
小頭症に関する統計や対策強化について報告するクラウジオ・マイエロヴィッチ感染症監視課長(左)とアントニオ・カルロス・ナルジ健康監視局長(Antonio Cruz/Agência Brasil)
小頭症に関する統計や対策強化について報告するクラウジオ・マイエロヴィッチ感染症監視課長(左)とアントニオ・カルロス・ナルジ健康監視局長(Antonio Cruz/Agência Brasil)

ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認2016年1月8日 ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認  保健省が5日、2日現在、ジカウイルス(ジカ熱)が原因と見られる小頭症の事例は20州と連邦直轄区684市で計3174件に及び、12月26日現在の2975件より6・6%増加したと発表と6日付エスタード紙が報じた。 小頭症が最も多い州はペルナンブコの1185人(151市)で、パライ […]
  • ペルナンブコ=6日間で小頭症児3人死亡=視覚障害なども懸念される2015年12月19日 ペルナンブコ=6日間で小頭症児3人死亡=視覚障害なども懸念される  全国で最も小頭症の事例が多いペルナンブコ州で、6日間に3人の小頭症児が死亡していた事が確認されたと18日付エスタード紙が報じた。 小頭症は北東伯を中心に流行状態となっているが、同州での小頭症児の死亡確認は初めてだ。 同州保健局によると、11日と16日にレシフェとその近郊のロウ […]
  • デング熱患者150万超す=流行年の昨年比176%増2015年11月26日 デング熱患者150万超す=流行年の昨年比176%増  【既報関連】保健省が24日、11月14日までに確認されたデング熱患者は153万4932人で、年同期比176%増と報告したと同日付各紙サイトなどが報じた。 今年の死者は811人で重症者は1488人。昨年は55万5462人罹患、453人死亡、重症者728人だから、死者は79%、重 […]
  • 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察2019年12月7日 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察  ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同 […]