ホーム | 日系社会ニュース | 自立育む聖南西林間学校=教師ら生徒の成長に喜び
スポーツ活動に熱中する生徒たち
スポーツ活動に熱中する生徒たち

自立育む聖南西林間学校=教師ら生徒の成長に喜び

 聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)主催の『第22回聖南西林間学校』が12月14〜16日、ピラール・ド・スール文協会館で行われた。
 聖南西地区の日本語学校に通う12〜15歳の生徒が参加する恒例行事。今年は8校から58人の生徒が集まり、教師を含めた85人が賑やかに3日間を過ごした。
 この林間学校は生徒同士の交流だけでなく、集団生活のルールを学ぶことも目的としている。食事作りと皿洗い、そうじなどを生徒自身が行う。保護者の「子供が家の手伝いをするようになった」という声や、生徒の「もっと日本語を話せるようになりたいと思った」という感想が寄せられている。
 開校式後、昼からスポーツ活動を行なった。鬼ごっこやハンカチ落とし、またグループ対抗でペットボトルを使用したホッケーを行い、生徒達は汗を流した。
 プログラムは他に工作、劇やダンスの創作、キャンプファイアーなど。またよさこいソーランと百人一首大会も行われた。
 コロニア・ピニャール日本語モデル校に勤務するJICA青年ボランティアの松本絵美さんは、子供の頃からよさこいソーランをやってきており、生徒たちに踊りを指導した。
 百人一首大会を行なったのは、JICAシニアボランティアの田頭明子さん。最初は勝手が分からなかった生徒も徐々に慣れ、札が残り数枚となった終盤には大いに盛り上がった。
 ソロカバ文協内にあるウセンス日本文化センターの梶山正行くん(13)は「去年よりずっと楽しかった」と笑顔を見せた。
 進行を務めたJICA青年ボランティアの則政友紀さんは、「普段積極的に日本語を話さない生徒が、私との日本語の会話も楽しんでいるように感じた」と生徒の変化に注目し、「このわずか3日間で生徒の成長がたくさん見られ、心から嬉しく思う」と喜びを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す2019年11月8日 台風19号=岩手県人会が母県に見舞金=菊地氏が訪日して手渡す  ブラジル岩手県人会(千田曠暁(ちだ・ひろあき)会長)は、台風19号で大きな被害が出た岩手県に、見舞金として12万円を贈った。  10月22日に行われた即位の礼に参列するために訪日した菊地義治県人会名誉会長が、岩手日報社を訪れて東根千万億(あずまね・ちまお)代表取締役社長に手 […]