ホーム | 文芸 | 俳句 | 平成二十七年度 芭蕉祭献詠俳句

平成二十七年度 芭蕉祭献詠俳句

<一般の部>

【金子兜太選 入選】
生き方に確信なきまま木の葉髪    吉田 夏絵

【宇多喜代子選 入選】
眠さうに満足さうに日向ぼこ     百合由美子

【星野椿選 入選】
残照の大アマゾンに寒夕焼      青木 駿浪

【西村和子選 入選】
さわやかな朝や口笛すき通る     佐藤あさ乃

<テーマの部>

【テーマ「木(樹)」 入選】
アマゾンは樹海の奥より積乱雲    下小薗蓉子

応募数
   一 般 8036句
   テーマ 1596句
   合計  9632句

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ニッケイ俳壇」にメール投句を2018年9月26日 「ニッケイ俳壇」にメール投句を  「ニッケイ俳壇」の新しい選者の伊那宏さんが、メール投句を呼びかけている。伊那さん選による次の「ニッケイ俳壇」は、10月10日付けで開始する予定。  現在、準備を進めており、投句を募集中だ。伊那さんはコンピューターに慣れ親しんでおり、珍しくメールでの投句も受けるとのこと。 […]
  • 「平成二十八年度(二〇一六年)第七十回芭蕉翁献詠俳句」入選者2016年11月28日 「平成二十八年度(二〇一六年)第七十回芭蕉翁献詠俳句」入選者  一般の部 【星野 椿選】特選 御句碑に流るゝ月日立子の忌     二見智佐子 【有馬 朗人選】入選 イペの国に桜を咲かせ移民の碑    湯田南山子 【宇多 喜代子選】入選 針の糸通しあぐねて冬隣       富岡 絹子 蛍飛ぶ路教はりて遠回り       檀   […]
  • 第8回文協主催「全伯俳句大会」=特選、秀作を一気に発表=移民の日常詠う秀作ぞろい2017年8月25日 第8回文協主催「全伯俳句大会」=特選、秀作を一気に発表=移民の日常詠う秀作ぞろい  【兼題部門】冬季一切、五句投句、投句総数は620句、投句者数は124人。特選(◎)は12句、他は秀作108句。選者は12人(アイウエオ順)。    ▼青木駿浪選 ◎冬の月苦難分ちたる妻はなく    カンポ グランデ   […]
  • 第27回伊藤園お~いお茶新俳句大賞(2016年度) ブラジル入選者 2016年11月10日 第27回伊藤園お~いお茶新俳句大賞(2016年度) ブラジル入選者  【都道府県賞】 節大き手より豊かな蓬餅  玉田千代美 雑煮食ぶ北斗の見えぬ地に住みて  香山和榮
  • ニッケイ俳壇(915)=富重久子 選2016年11月28日 ニッケイ俳壇(915)=富重久子 選 ヴァルゼン・グランデ    飯田 正子 釣りに行く孫の恋人夏帽子 【何と若々しい明るい俳句である事、季語の「夏帽子」がぴったりと動かないよい選択であった。  「孫の恋人」とあるように、自分の子供であるとこの様にのんびりとは詠めないもので、孫となると何となく恋人にも鷹揚にな […]