ホーム | イベント情報 | 「絵を描く楽しさ学ぼう」=児童絵画教室、月曜から

「絵を描く楽しさ学ぼう」=児童絵画教室、月曜から

酒井副委員長と金子委員長

酒井副委員長と金子委員長

 文協美術委員会(金子謙一委員長)は『第53回児童絵画教室』を11~15日の5日間、文協ビル(Rua Sao Joaquim, 381, Liberdade)で開く。時間は午前9時から昼12時まで、参加費は220レアル(文協会員は割引あり)。
 5~15歳が対象で、クレヨン、水彩、ポスターカラーなどを使って絵を描く楽しさを学ぶ。指導は両氏と五木田綾子さんら画家が行なう。教室で描かれた作品は16、17の両日、同ビルの日系美術館で展示される。
 案内のため来社した金子委員長らは、「学校で先生に批評されたりして、絵が苦手という子は多い。でも下手だっていいんだよと伝えると、のびのび描き始めます」と教室の様子を語り、「絵を楽しむことで特別な才能が開くこともあります。お気軽にご参加ください」と呼びかけた。
 申し込みは文協事務局(電話=11・3208・1755、メール=bunkamaturi@bunkyo.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ