ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『椰子樹』367号が12月に発刊された。梅崎嘉明・小池みさ子選から北海道の郷里でクラス会に出た感想「おとなしき友の一人がいま社長重なりあわぬあの頃の顔」(外山安津子)、「此の日頃吾より若き人等逝き無常の思いに耐えて弔う」(古山孝子)、「青空にくっきり登る十五夜の庭の明るさ告げる人なし」(島田喜久枝)、「サビア鳴く朝な朝なの寝覚めあり心して過ごさん残生の日々」(寺田雪恵)、神林義明さんの亡き兄に捧げる連作「移住前最後の夜は母も来て雑魚寝もせまし兄のアパート」「退職後趣味のひとつと石刻む仲間は五人寺の境内」「子をなさぬ兄逝きて後義姉ひとり故郷近くの養老院に」「兄掘りし石仏五つ汝の墓を守るがごとく鎮もりて立つ」など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月28日 大耳小耳  在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)とヘブライカ・クラブが共催する「ヘブライカの中の日本文化イベント」が、今月27日~12月1日まで、サンパウロ市の同クラブ(R. Hungria, 1000 - […]
  • 大耳小耳2019年11月27日 大耳小耳  今月17日に行われた「国士舘スポーツセンター」で建設中の「原沢パビリオン」の上棟式では、「ビュッフェ奄美」の料理が提供された。ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長によれば、「あの料理はコチア青年や国士舘マレットゴルフ協会の皆が用意してくれた」のだとか。 […]
  • 大耳小耳2019年11月26日 大耳小耳  サンパウロ市のジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52 - Bela […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]