ホーム | ビジネスニュース | 対イラン貿易3倍増狙う=制裁解除後の関係強化求め=旧来の親イ路線アピール
アルマンド・モンテイロ商工開発相(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)
アルマンド・モンテイロ商工開発相(Marcello Casal Jr./Agencia Brasil)

対イラン貿易3倍増狙う=制裁解除後の関係強化求め=旧来の親イ路線アピール

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 高岡の農場責任者、デニスさん2014年6月6日 聖市でビオフェア開催中=有機・自然商品いろいろ  環境に配慮した安心・安全な商品を求める消費者の声の高まりを受け、今年も4日から4日間、アグロエコロジーとオーガニック商品を扱う国内唯一の見本市『ビオ・ブラジル・フェア』『ラテン・アメリカBIOFACH』がイビラプエラ公園内ビエナーレ館で始まった。10回目。 […]
  • 伯国貿易=輸出高17カ月振りに上回る=レアル安で工業製品好調2016年3月3日 伯国貿易=輸出高17カ月振りに上回る=レアル安で工業製品好調  対ドルレアル安と工業製品の売り上げ増大、農作物の出荷が早まった事で、2月の輸出額は前年同月比4・6%増の133億4800万ドルで、17カ月ぶりに増加に転じたと1、2日付伯字各紙が報じた。 これに対し、輸入は減少傾向が続いており、2月の貿易収支は30億4300万ドルの黒字を計上 […]
  • 《ブラジル》国家配給公社が17/18農年の収穫量予想を上方修正=前農年に次ぐ収穫量確保?2018年5月12日 《ブラジル》国家配給公社が17/18農年の収穫量予想を上方修正=前農年に次ぐ収穫量確保?  ブラジル国家配給公社(Conab)は10日、8回目となる17/18農年の収穫予想を発表したと11日付現地紙が報じた。  それによると、17年8月から18年7月までの穀物と油糧種子の予想生産量は、前回の予想から1・3%増となる、2億3260万トンに上方修正された。  最新の […]
  • 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇2017年8月31日 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇  ブラジルで、賃貸不動産契約をインフレ調整する時などに使われる、総合市場物価指数(IGP―M)の8月の数値は、プラス0・1%を記録した。  この数値は、リオのジェトゥーリオ・バルガス(FGV)財団が、30日に発表したものだ。  IGP―Mは今年4月以降、7月まで、4カ月連続 […]
  • 《ブラジル》2019年穀物収量=今年より若干減の2億2670万トンの予測2018年11月9日 《ブラジル》2019年穀物収量=今年より若干減の2億2670万トンの予測  ブラジル地理統計院(IBGE)は8日、2019年の穀物収穫量に関する予想を発表した。  それによると、2019年の穀物収穫量は2億2670万トンで、2億2720万トンと予測されている今年の収穫量より0・2%減少すると予測されている。  ブラジルは、その国土を北部、 […]