ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 19日付フォーリャ紙によると、エドゥアルド・クーニャ下院議長は最高裁に対し、ラヴァ・ジャット作戦での自身に対する捜査のひとつの差し止めを要求した。同氏の弁護士はその要請書で、下院議長職は「非常時に大統領の職務を、副大統領の次に代行する可能性がある役職」だから、大統領同様に尊重される必要があるとし、大統領が任期時に起こった不審時についての責任を問われないという、憲法第86条第4項を下院議長にも適用すべきだとしている。もっとも、非常時にクーニャ氏が大統領の代行をしてほしいと国民が思うかどうかは疑問だが。同議長の2月以降の運命やいかに。
     ◎
 17日、聖市南部イビラプエラ公園で行われたダンス・イベント「ロレジーニョ・ド・ベイジョ」で、16歳と18歳の女性が強姦にあった。前者は17時40分頃、公園で見知っていた年上の男性からウォッカやウイスキーを勧められた後、同公園の第3門付近まで連れて行かれて強姦された。また後者は19時頃、酒と薬物に酔って会場で出会った男性と第6門付近で性行為をしていた際に現れた別の男性6人に1時間半に亘って輪姦された。犯人たちはまだ捕まっていない。
     ◎
 聖市地下鉄は18日、モノレール17号線の工事を担当していたアンドラーデ・グチエレス社とCRアルメイダ社との契約を解除したことを発表した。この線はコンゴーニャス空港とモルンビ・スタジアムを結ぶためのもので、14年のW杯に間に合わせるべく計画されていた。聖市南部には同線の支柱が多数立っているが、どうなるのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年9月29日 東西南北  現在、下院では、テメル大統領に対する2度目の告発審理を認めるか否かに関する審議の準備中だ。そんな中、同大統領にとり、本拠であるサンパウロ州政界の先輩で、連邦議員の長老でもあるパウロ・マルフ下議が「私はテメル君が正直であることを101%信じている」と27日に言い切った。マルフ氏 […]
  • 東西南北2016年12月20日 東西南北  18日午前中、グローボ局の生中継に手に汗握った人も少なくないのではないだろうか。クラブW杯決勝で、日本の鹿島アントラーズが、スペインの強豪レアル・マドリッド(ブラジルからはマルセロとカゼミーロもフル出場)に2―4で敗れたとはいえ、一時は試合をリードし、延長戦までもつれこむとい […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]
  • 東西南北2016年8月19日 東西南北  20日に行われる、リオ五輪の男子サッカー決勝戦で、伯国代表の相手がドイツ代表に決まった。ドイツといえば、14年W杯でネイマールが負傷欠場していた準決勝で1―7で大敗した相手だから、国民としてはやはり意識しないわけにはいかないだろう。今度はネイマールも出場する決勝でリベンジする […]
  • 東西南北2016年8月23日 東西南北  長い準備期間を経て開催されたリオ五輪も、2週間強の競技を終え、遂に終了した。開幕前は、やれラヴァ・ジャットだ、経済危機だ、大統領罷免だと騒がれ、ジカ熱に関しては国内外でも不安を煽る報道がされるなど、落ち着いている暇もなかったが、日程が進むにつれ、意外な競技でのメダル獲得や、お […]