ホーム | 日系社会ニュース | 帰国子弟ら15人が参加=日本語教師養成講座
開校式での記念撮影
開校式での記念撮影

帰国子弟ら15人が参加=日本語教師養成講座

 ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)の『第29期日本語教師養成講座』が11日からスタートしている。聖、パラナ両州から集まった15人は、30日まで講師陣から文字や音声の指導法、応用テクニックを学ぶ。
 「初級レベルの学習者教える」ことを目指す同講座では、今後2~6月まで通信教育を行う。7月の後期スクーリングでは現場での実習がメインになり、最終試験を受けて初めて修了状を手にする。
 参加者は昨年の7人と比較して倍増。デカセギ子弟も3人が参加していた。近年では非日系の日語学習者も多く、日伯両文化を知る人材の参加はセンター側にとっても朗報といえそうだ。
 開校式には、板垣理事長と諸川有朋副理事長が出席。未来の日本語教育界を担う人材たちを激励した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本祭り=入場券購入に長蛇の列!=「素晴らしい会場」と賞賛の声=「3日間連続で通う!」2016年7月9日 日本祭り=入場券購入に長蛇の列!=「素晴らしい会場」と賞賛の声=「3日間連続で通う!」  いよいよ昨日開幕となった『第19回日本祭』。正午には入場券購入にならぶ来客が長蛇の列をなし、入場開始になると、待ったとばかりに足早に会場に足を踏み入れた。 入口の大鳥居を抜けると、すぐ左手には東京オリンピック・パラリンピック委員会の「足湯」コーナーが、来場者にほっと安らぎを与 […]
  • 佐賀県人会、還暦祝う=母県から15人が慶祝に=更なる友好深化に向けて2015年8月4日 佐賀県人会、還暦祝う=母県から15人が慶祝に=更なる友好深化に向けて  ブラジル佐賀県文化協会(西山実会長)が2日、創立60周年を祝って聖市の同会会館で記念式典を行なった。副島良彦副知事、中倉政義県議会議長および一般参加者含め15人の慶祝団を迎え、会発足から還暦の節目を祝った。  1910年、サントス港に到着した第2回ブラジル移 […]
  • 熊本地震に支援金15万レ=移住者協会ら協力で加速へ2016年5月7日 熊本地震に支援金15万レ=移住者協会ら協力で加速へ  熊本地震の発生を受け、当地で義援金を呼びかけている熊本県文化交流協会の田呂丸哲次会長らが5日、現状報告のため来社した。 同協会では発災直後から募金運動を開始。他県の出身者からも寄付があり、すでに約15万レアルもの寄付が集まっている。寄付者名は熊本県庁に通知するが、匿名の寄付も […]
  • 日本外務省=数次ビザ適用15日から=伯人観光客の増加狙い2015年6月9日 日本外務省=数次ビザ適用15日から=伯人観光客の増加狙い  将来の査証免除に向け進展があった。日本外務省は5日、サイトでブラジル国内に居住するブラジル国民(一般旅券所持者)に対する、短期滞在数次ビザの発給を開始することを決定した。今月15日から適用される。 渡航目的が観光など、短期滞在に該当する者が対象となる。滞在期間は15日また […]
  • 第18回日本祭り=今年も盛り上がる期待感=初日から開場前400人行列=県人会総出で多忙に調理2015年7月25日 第18回日本祭り=今年も盛り上がる期待感=初日から開場前400人行列=県人会総出で多忙に調理  晴れ渡った青空のもと『第18回県連日本祭り』がついに幕開け―。入場開始の24日正午には約400人が待ちに待った表情で、急いで会場へ足を踏み入れた。今年もステージでの豪華なショーの数々、「郷土食広場」「子ども広場」「高齢者広場」など老若男女誰でも楽しめる。第一日目に取材する […]