ホーム | ビジネスニュース | 熊本産食品で健康の意識を=セミナーと試食、30日県人会で

熊本産食品で健康の意識を=セミナーと試食、30日県人会で

当日試食できる商品とオリーブオイル

当日試食できる商品とオリーブオイル

 熊本文化交流協会(田呂丸哲次会長)が30日午後2時から、熊本産の食品を使った健康イベントを同県人会館(Rua Guimaraes Passos, 142, Vila Mariana)で開催する。入場無料。
 県内で有機(オーガニック)農法で作られた「粉末たまねぎ」を使用したチャーハン、「蓮根うどん」が無料で試食できる。またチリ産オリーブオイル「CRUZ DEL SUR」の販売も行われる。
 開始冒頭にはオイルを製造する「アニューブラジル」の社長で、講師歴30年の福本利道さんが登壇。振る舞われる商品の説明を行いながら、食生活改善に関するセミナーを開講する。
 イベントをプロデュースする食品輸入販売「BBBR社の倉智隆昌CEOは「〃食を通じた日系社会の活性化〃をテーマに、継続的に県人会を通した食生活改善イベントを実施していく」と構想を明かし、参加を呼びかけた。
 問い合わせは倉智さん(11・3207・6961/同・97383・9839)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ