ホーム | 日系社会ニュース | 商工会議所=「日系社会と新たな関係を」=新年会に200人
会場の様子
会場の様子

商工会議所=「日系社会と新たな関係を」=新年会に200人

 ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の新年会が15日正午から、聖市のブルーツリーホテル・モルンビーで開かれ、約200人が参加した。
 五輪をイメージした五色の花が活けられたテーブルには、小池信シェフによる特別おせち料理が並んだ。ブラジル筝曲宮城道雄の会(長瀬令子会長)による琴演奏で幕開け。挨拶に立った村田会頭は、「伯国の政治経済危機は今年も続き、ビジネス環境も厳しくなる。商議所の活動が会員にとって有益になるよう努力していきたい」と抱負を述べた。
 昨年の活動実績の中でも、11月に行われた日伯医療セミナーの実現には「大きな感動と学びがあった」と語り、「メディカル分科会が地道に進めてきた『ブラジル医療を良くしたい』という努力が、日伯両政府を動かした」とその働きを称賛した。
 昨年12月に提示されていた委員会の統廃合と新設については、3月の総会を機に実施され、同時に新体制で運営が行なわれるとの見通しを示した。
 挨拶の締めくくりに、「最後に今年から新しく追加したいビジョンとして、ブラジル日系社会への貢献のために、我々会議所とその会員が新しく出来ることはないか模索したい」と、従来の寄付を中心としたコロニアへの協力以外に「新しい貢献の姿を考えていきたい」と述べ、「本日出席されている呉屋春美文協会長とも前向きな協議を進めます」と語った。
 挨拶の後には、関口ひとみ首席領事並びに後藤隆元会頭、貞方賢彦元会頭、村田会頭による鏡開きが行われ、関口首席領事が乾杯の音頭をとった。離着任挨拶、3分間スピーチが行なわれ、青年会議所のショウジ・ノムラ会頭は、2月1日の新会頭就任式への参加呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 生長の家=節目の第60回宝蔵大祭=中南米から先祖供養に集う=約200万柱の霊牌に祈る2016年4月13日 生長の家=節目の第60回宝蔵大祭=中南米から先祖供養に集う=約200万柱の霊牌に祈る  生長の家ブラジル伝道本部(寺前継雄理事長)は10日、「第60回宝蔵大祭」「イベロアメリカ・アンゴラ・全伯第32回流産児無縁霊供養塔供養祭」を聖州イビウナ市の宝蔵神社で行い、南米諸国、メキシコ、スペイン、ポルトガルからも信徒1万2400人が参集した。この式典は同教団の年中最大行 […]
  • 最後の百周年記念行事終了=ポ語百年史第3巻を刊行=異例の反響、約200冊頒布2016年4月5日 最後の百周年記念行事終了=ポ語百年史第3巻を刊行=異例の反響、約200冊頒布  ブラジル日本移民百周年記念協会の最後の事業、ポ語版百年史の3巻目、戦中戦後編『対立から統合へ』(1941~2008年)の刊行記念祝賀会が3月31日夜、聖市の文協ビル9階の移民史料館内で開催された。本山省三USP歴史学教授、エスタード紙論説委員の保久原ジョルジェ氏の共著。当日の […]
  • 練習艦隊=しまゆき艦上で歓迎会開く=200人の日系人らと交流=乗組員が〃故郷〃楽しむ2015年8月11日 練習艦隊=しまゆき艦上で歓迎会開く=200人の日系人らと交流=乗組員が〃故郷〃楽しむ  【既報関連】聖州サントスに寄港した日本海上自衛隊の練習艦隊が停泊中の5~8日、艦内公開や日系社会との交流会など公式行事を行なった。6日夜には練習艦「しまゆき」で艦上レセプションが開催され、サンパウロなどから約200人の招待客が訪れた。同日朝には分散入港したリオから、中畑康 […]
  • 日系5団体からの記念品を受け取る総領事2015年4月29日 福嶌総領事歓送会に200人=コロニア称え、涙で別れ惜しむ  在聖総領事館の福嶌教輝総領事が5月に帰国するにあたり、歓送会が23日午後7時半よりブラジル日本文化福祉協会の多目的ホールで行われた。会場には日系5団体はじめ関係者ら約200人ほどが出席した。 最後に福嶌総領事は流暢なポ語でスピーチを行った。冒頭では感極まり、言葉を詰まらせ […]
  • 首相=大使公邸で200人と懇談=テーブル回り握手交わす2014年8月2日 首相=大使公邸で200人と懇談=テーブル回り握手交わす  首都ブラジリアの日本国大使公邸で、安倍首相と地元日系社会の代表者ら約200人と懇談する場が1日午後4時から30分間ほど設けられた。首相の入場にあわせ、7月の全伯太鼓選手権大会のジュニア部門で初優勝を飾った光太鼓が演奏をした。 当日は、ブラジリア日系老人クラブの高橋実(みの […]