ホーム | コラム | オーリャ! | ジカ熱という「国際衛生緊急事態」でも、いつも通り?

ジカ熱という「国際衛生緊急事態」でも、いつも通り?

 今年の初めに聖市のメトロが値上げになって以来駅の切符売り場の行列が長くなっているのは気のせいだろうか。「列が意外と短いな」と思ったら、最後尾は果てしなく伸びた先から戻ってきたのだと知り唖然とした。
 気が短い伯人だが、列に並ぶ時は案外大人しい。「切符売りなんてダラダラやるのが当たり前、俺だってテキパキやらないし」と要求のレベルが下がっているのか。
 翻訳記者として最近接しているニュースは国難レベルばかり。例えばジカ熱やデンギ撲滅は〃お仕事〃として保健所職員や軍隊に任せて早期解決できるのか。全国民の献身的協力なくして大丈夫なのか。
 五輪に影響ありそうなこの時期に「国際衛生緊急事態」とは国難では―と歯軋りしているのは真面目な外国人だけ? 「お仕事なんて真面目にやるだけ馬鹿を見る」の哲学もこの時だけは捨て去って欲しい。(規)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジカ熱対策は女子ラグビーに学べ2016年2月25日 ジカ熱対策は女子ラグビーに学べ  ジカ熱の恐怖は当地よりも、日本で大きく報道されている印象だ。日本の友人、家族からは「ジカは大丈夫?」「もう帰ってきたら?」とまで言われる始末。 先週来聖した女子ラグビー日本代表チームの冨田選手に話を聞くと、「凄く危険なイメージを持ってきたが、当地の人が半袖で普通に暮らしている […]
  • 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために2016年1月12日 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために  ボウフラが湧いた―野外の水溜りではなく、我が家で数日放置したコップの中である。わずかな水があれば蚊は繁殖することを痛感させられた。 〃冬を知らない〃リオでは五輪期間の8月でも蚊が活発で、感染対策が必須だ。罹患患者の血液を吸った蚊が、他の人を刺すことでデング熱、チクングニア熱、 […]
  • オーリャ!2015年12月29日 オーリャ!  先週「ブラジルには網戸がない」と書いたところ、編集部に幾つも反論のメールが届いた。ネットで「tela de […]
  • ジカ熱×バファリン=危険!2016年3月11日 ジカ熱×バファリン=危険!  ジカ熱にかかったらバファリンの服用は厳禁―!? 先日、医者からそんな話を聞いて、今後の来伯邦人が心配になった。 バファリンとは日本の代表的な頭痛薬で、必ず一家に一箱あるほどの代物。最近の弊紙研修生も日本から持ってくるようで、万能薬といった印象だ。 アスピリンという成分が駄目で […]
  • リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触2018年7月5日 リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触  【既報関連】ベネズエラ人難民流入で、ロライマ州やアマゾナス州で麻疹(はしか)の流行が起き、約500人の患者発生が確認されているが、リオ州でも、同州連邦大学(UFRJ)の学生らが麻疹(はしか)に感染していた疑いが生じ、同校が予防接種キャンペーンを実施する事にしたと6、7日付G1 […]