ホーム | コラム | 樹海 | ジョアキン・レヴィ氏が世銀財務理事に

ジョアキン・レヴィ氏が世銀財務理事に

 経済危機の最中の15年12月17日に事実上の辞意を表明、翌日にはジウマ大統領がバルボーザ企画相を後任に指名するという、異例の退任劇を演じたジョアキン・レヴィ元財務相が世界銀行財務理事に就任した▼同氏の就任は2月1日。大統領府の倫理委員会が1月29日に発表した「財務相を務めていた人物が国外の機関で働くなら最低6カ月は間を置くべきだ」との決定が31日の委員会で覆り、就任可能となった▼倫理委の決定が発表された時、レヴィ氏は既にワシントン入りしており、世銀側関係者の間ではこの決定は伯国政府から同氏への報復措置との見方も広がった。だが、レヴィ氏がジウマ大統領に電話をかけ、委員会に決定の見直しを要請した事で、無事就任となった▼同氏が世銀理事に指名された事は1月初旬に発表されていた。2日付のヴァロール紙は、世銀が「レヴィ氏を財務理事に迎える事が出来、非常に満足している」との文書を発表、総裁のジム・ヨン・キム氏は「レヴィ氏は金融関係と市場の動きを熟知し、(世銀のような)多角的なシステムの特性や国々の動向をよく理解しているまれな人物」と誉めそやしたと報じている▼この一件はレヴィ氏の国際的な評価がいかに高いかを示している。その一方、起死回生を賭けてレヴィ氏を財務相に迎えたにも関わらず、その手腕を生かせなかった伯国政財界の狭量さ、伯国が抱える構造的な問題の深刻さなども改めて考えさせられる。財務省での最後の日に「時が来れば分かる」と語ったレヴィ氏。同氏の手腕や価値を認めてくれる人々の間で働きの場を得た事を喜ぶ一方、伯国の今後を懸念せざるを得ない現状が辛い。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選2018年9月21日 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選  現在、大統領選真っ盛りのこの時期。連日、報道も盛り上がっている。だが、ブラジルに住む外国人(日本人)として「こんな選挙でこの国は本当に大丈夫なのか?」と正直なところコラム子は大いに不安だ▼それは、投票日まで3週間を切った現在の状態で、いまだにこの国にとって急務に思える […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも2018年8月3日 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも  7月31日、エーリオ・ビクード弁護士が亡くなった。2016年のジウマ前大統領の罷免請求を作成した主要弁護士だ▼コラム子自身もそうだったが、あのジウマ氏の罷免はあくまで「腐敗権力の打破」であったことを望んでいる。キャンペーンで対抗馬に卑劣な言葉ばかりを吐き、選挙当初から […]